テスラモデル3、米国高速道路上の事故で炎上!

model3-fire00 TESLA News
https://youtu.be/DsxlHJx41lE

10月15日に米国インディアナ州ウェスト・ラファイエットの州間高速道路65号線で発生したハイドロプレーニング現象に起因する事故で、テスラモデル3のドライバーが自分の車が燃えている動画を公開しました。

右側の金属製ガードレールが欠損していたため(前日の事故で破損)、二重に不幸な出来事となりました。モデル3は金属製の柱にぶつかり、バッテリーパックが破壊され、「すぐに車が炎上した」とのことです。仮にガードレールのサポートがあれば、ここまでひどい結果にはならなかったと思われます。

「2021年10月15日午前5時頃、インディアナ州ウェスト・ラファイエットの州間高速道路65号線を南方面に走行していました。
運転はオートパイロット利用しており、激しい雨の中だったので、ハイドロプレーニング現象を起こし、運転席側のフロントバンパーで左中央分離帯のセメントバリアに衝突し、道路脇に滑り落ちました。
その部分はちょうどこの事故の前日にトラクタートレーラーが金属製のガードレールを破壊した事故により欠損していた場所です。
結果的に、高速道路の路肩にはみ出したときに、前日の事故でガードレールがなくなって金属の柱が露出していたため、芝生の路肩を滑って金属の柱に足回りをぶつけてしまい、車の下にあるバッテリーパックが壊れてすぐに炎上してしまったのです。
もしガードレールがあったら、助手席側のドアを壊しただけで、ドアが壊れたことと、運転席側のフロントバンパーに擦り傷がついたことを除けば、テスラは全く問題なかったと思われます。」

この映像は、2170型の円筒型バッテリーセルが様々な方向に飛び出している、本格的なバッテリー火災であることを示しています。

消防隊員は水を使って消火活動を行いましたが、雨の力を借りてもバッテリーの火を消すのは難しい状況であった事がわかります。

モデル3が激しく燃える様子
なかなか炎が消えない

幸いなことにドライバーは無事で、「これは全損だろうな」と笑いながら話している様子も映像に残っています。

その後、ショベルカーが登場し、車を逆さまにしてバッテリーパックを解体し、水をかけて消火し、最後にバッテリーを冷やして再燃しないように処置をする映像も写っています。

ショベルカーが出動
モデル3をひっくり返して消火

まだこの時点でさえもハザードランプが点灯していたのには驚きです。消火後、消防隊員はサーモグラフィを使って温度を再確認しています。

電気自動車のバッテリー火災の消火活動は、本当に大変な作業です。

以下、この事故の様子を3つの動画に分割してご紹介します。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

バッテリー火災の恐ろしさがよく分かる映像です。また、消防隊も「ショベルカー」で車体をひっくり返して消火するノウハウも凄いけど。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました