テスラ、ギガ上海はモデル3とモデルYで溢れかえる!

tesla-gigashanghai-nov-21-02 TESLA News
https://youtu.be/-ym04bepKsI

テスラのギガファクトリー上海の最近の空撮映像から、2021年第4四半期の最後の数週間で生産が本格化し、施設内の駐車場が最大容量まで達していることが明らかになりました。

ドローンオペレーターのWu Wa氏が11月19日に撮影した映像によると、ギガ上海の保留地には、11月も終わりに近づいているにもかかわらず、モデル3とモデルYの新車が次々と納入されています。11月も残り1週間あまりとなりましたが、テスラ中国の上海工場ではその時間を有効に使っているようです。

ギガ上海の複数のエリアで、新しいモデル3とモデルYの車両を見ることができます。すでに自動車運搬車に積まれているものもあれば、積まれるために並んでいるものもあります。工場の駐車場には、さらに多くの車両が駐車されていました。また、充電用キャノピーの下や、その隣の建物の外にも車が停まっています。

https://youtu.be/-ym04bepKsI

動画の日付を考えると、これらの大量のクルマは中国ローカル市場向けのものと思われます。8月にイーロン・マスクCEOは、ギガ上海では四半期の前半に輸出用を生産し、現地市場で販売する車両は後半に生産すると説明していました。四半期の前半は先週の月曜日、11月15日に終了していることからも、今回の大量のクルマは中国国内向けと考えられます。

テスラは四半期の前半に輸出向け、後半に国内向けの自動車を製造しています。
公表されているように、一部の「標準的な」自動車用チップに関して、当社はサプライチェーンの制約を受けています。
最も問題となっているのは、ルネサス社とボッシュ社です。

これは、11月16日以降、ギガ上海が輸出から現地向けの車両にシフトしたことを示唆しています。

しかし、ギガ上海はこれだけ大量に車を生産しているので、ビデオに映っている車の中には、まだヨーロッパなどの海外向けの車があるかもしれません。このように輸入車と国産車が混在していることで、ギガ上海の駐車場がほぼ満杯になっているのかもしれませんが、その正確なところはわかりません。

https://youtu.be/-ym04bepKsI

しかし、ギガ上海での特別な状況はそれだけではありません。テスラモデルYスタンダードレンジは、今月初めに中国で完売しました。

さらにギガ上海製モデルYパフォーマンスは、今四半期中に現地での納入を開始する予定です。

モデル3スタンダードレンジプラスも2021年の残りの期間は完売しており、モデルYが中国の自動車市場に導入されたにもかかわらず、この手頃な価格のバッテリー型セダンに対する需要が依然として旺盛であることが明らかになりました。

ギガファクトリー上海の最近の活動については、以下の動画でご覧いただけます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

おびただしいテスラ車の量です。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました