テスラスーパーチャージャーを分単位の価格設定に更新

tesla-supercharger TESLA News

テスラは、米国におけるスーパーチャージャーネットワークの料金について1分ごとの課金設定を追加しました。今回の変更により、1分ごとに課金されるドライバーは、充電の速度に応じて4つの段階に分けて課金されることになります。

テスラのスーパーチャージャーサポートページによると、スーパーチャージャーネットワークを利用するユーザーは、これまで通り可能な場合は1kWhごとに課金されます。
しかし、それ以外の地域では、1分ごとに課金されます。これまでの1分単位の料金は、60kW以下の充電器に対応する「Tier1」と、61kW以上の充電器に対応する「Tier2」の2段階に分かれているだけでした。

スーパーチャージングの価格は?
各スーパーチャージャーサイトの具体的な価格は、選択したピンのポップアップでタッチスクリーンに表示されます。充電セッションが完了すると、最終的な料金の見積もりが画面に表示されます。最終的な請求額は、お客様のテスラアカウントの「充電」セクションでご覧いただけます。

価格は随時変更される可能性があります。すべての価格には税金と手数料が含まれています。<br>充電料金は、充電プラグを差している時間によって決定され、充電セッション中に価格が変更されても調整されません。一部のスーパーチャージャー・ステーションでは、オンピーク時とオフピーク時の料金を設定しています。料金とピークタイムは、いずれもタッチスクリーン上のナビゲーションアプリケーションに表示されます。

料金設定はどのようになっていますか?<br>可能な限り、kWh(キロワットアワー)ごとに課金されますが、それ以外の地域では1分ごとに課金されます。

更新されたスーパーチャージャー料金では、このティアの範囲が拡大されました。今回は、4つのティアが設定されています。1分あたりの料金が最も安いTier1は、60kW以下の充電が可能な充電器に適用されます。ティア2の料金は、61kWから100kWまでの充電が可能なストールに適用され、ティア3の料金は、テスラの改良型スーパーチャージャーV2のストールのように、101kWから180kWまでの充電が可能な充電器に適用されます。

1分単位で請求する場合、充電速度の変化を考慮して、「Tier1」、「Tier2」、「Tier3」、「Tier4」の4つの階層に分かれています。

180kW以上の充電が可能なテスラのスーパーチャージャーには、最も高額なTier4料金が適用されます。しかし、これらの充電器は最も速い充電速度を提供しており、互換性のある車両であれば、1回のセッションを30分以内に完了させることができます。テスラがスーパーチャージャーの料金を改定したことは、オーナーにとってありがたいことでしょう。これまでは、61kWで充電しても250kWで充電しても料金は変わりませんでした。

テスラのこのスーパーチャージャーの価格改定は、現在のところ米国で行われているようですが、近い将来、他の地域にも展開される可能性があります。今回のスーパーチャージャーの価格改定は、将来に向けた準備の一環である可能性があります。特に、テスラの急速充電ネットワークをテスラ車以外の車両にも開放する予定だからです。

テスラは現在、オランダ国内の10カ所のステーションで、スーパーチャージャーのオープンパイロットプログラムを実施しています。このプログラムは非常に好評で、テスラ車を所有していない人もスーパーチャージャーネットワークの利便性と信頼性を評価しているようです。

このプログラムの発表でテスラ社が述べているように、この試験が成功すれば、オープン・スーパーチャージャー・システムは他の地域にも拡大される可能性があります。

この記事はこのサイトの一部を引用・翻訳・編集し、一部追加して作成しています。

スーパーチャージャーが全面的に開放されるのは…。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました