テスラ、ギガ上海の自動塗装工場の貴重な様子を公開!

tesla-paintshop02 TESLA News

テスラギガ上海では、最近公開されたビデオの中で、塗装工場の内部を簡単に紹介しています。この映像では、ギガベルリンでの先進的な塗装工場の話題が出て以来、テスラの塗装へのこだわりが明らかになっています。

この塗装工場のビデオでは、すべての中国製テスラ車が納車前に通過する、段階的な自動塗装プロセスが紹介されています。そこに映し出されているのは、塗装工程のほとんどがロボットによって行われており、人間の介入は最小限に抑えられているということです。

また、この映像では、中国上海製車両を受け取るテスラの購入者に提供されるさまざまなカラーオプションも紹介されています。

映像には、テスラ中国のディープ・シー・ブルー、チャイナ・レッド、パール・ホワイト、ピュア・ブラックのカラーオプションが含まれていました。

また、ギガ上海では、コールド・ライト・シルバーという塗装オプションも用意されています。

テスラ中国の無料塗装オプションはピュア・ブラックで、その他の色は8,000元(約142,000円)で購入できます。

興味深いことに、テスラアプリのアップデート4.2.1では、先月ギガベルリンの塗装オプションが予告されていました。

その色合いは、テスラ中国のビデオで見られたものと似た色でした。テスラアプリのソースコードによると、ギガベルリンの3つの新しいカラーオプションは、ディープクリムゾンマルチコート、アビスブルーマルチコート、マーキュリーシルバーメタリックとなっています。過去にイーロン・マスク氏は、テスラドイツのクリムゾンペイントがお気に入りになったことを認めています。

テスラがドイツベルリンにギガファクトリーを建設すると発表してから数ヶ月の間、マスクCEOはギガベルリンの先進的な塗装工場を興奮気味に予告していました。

「ギガベルリンには、世界で最も先進的な塗装工場があり、曲率に応じて微妙に変化する見事な色をより多くの層で表現できます」とマスク氏は2020年4月にツイートしています。

テスラは、ギガベルリンの次世代塗装工場のために、イタリアのゲイコー・タイキ社と提携しました。同社は、その技術がギガベルリンで実証された後、ギガ上海にゲイコー・タイキ社の機械を後付けする予定です。最近投稿されたギガ上海のビデオに、後付け後の塗装工場が映っているかどうかは不明です。

先日、ブランデンブルク州の環境局は、テスラに対し、60日間で250台の車体を完全に塗装する早期許可を与えました。テスラのギガベルリンで塗装した車両の写真が、すでにネット上で公開されています。このテスラの車は、ギガベルリンのディープクリムゾンマルチコートオプションで塗装されているようです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

確かにこの映像は一度見て見る価値がある貴重なものですね。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました