テスラ、期待を大幅に上回る2021年第3四半期決算詳報!

gigatexas-modely-quality-controll TESLA News

今回は、2021年7月に行われたテスラの第3四半期決算内容について、決算発表に際しての資料の翻訳をもとに詳しくお伝えします。

サマリー

2021年第3四半期は、多くの点で記録的な四半期となりました。純利益、営業利益、売上総利益ともに過去最高を達成しました。
また、営業利益率は14.6%となり、中期的なガイダンスである「営業利益率10%台前半」を上回りました。
さらに、低価格車へのミックスシフトが続いたことにより、第3四半期の平均販売価格が前年同期比で6%低下したにもかかわらず、このような収益性を達成したことは非常に素晴らしいことです。営業利益率は過去最高となりましたが、これは平均販売価格の低下を上回るペースでコストを削減し続けているためです。
EVの需要は構造的に変化し続けています。私たちは、より多くの車両を販売することで、テスラのオーナーがより多くのEVのメリットを広めることができると信じています。
フリーモント工場の生産台数は過去1年間で最も多くなっていますが、引き続き改善の余地があると考えています。さらに、ギガファクトリー上海の稼働を継続し、テキサス州とドイツベルリンで新たな生産工場を構築しています。
半導体の供給不足、港湾の混雑、計画停電など、さまざまな課題が、工場をフル稼働させることに影響を与えています。
私たちのサプライチェーン、エンジニアリング、生産それぞれのチームは、自動車業界では他に類を見ない創意工夫、敏捷性、柔軟性をもって、これらのグローバルな課題に対処してきたと考えています。私たちのミッションの推進にご協力いただいている皆様に感謝申し上げます。

ハイライト

キャッシュ

  • 第3四半期の営業キャッシュフローから設備投資を差し引いたフリーキャッシュフローは13億ドル
  • 第3四半期の負債およびファイナンス・リースの純返済額は15億ドル
  • 第3四半期の現金および現金同等物は合計で1億6,400万ドル減少し、161億ドル

収益性

  • 第3四半期のGAAPベースの営業利益は20億ドル、営業利益率は14.6%
  • 第3四半期のGAAPベースの純利益は16億ドル、非GAAPベースの純利益(SBC1除く)は21億ドル
  • 第3四半期の自動車部門のGAAPベースの売上総利益率は30.5%(クレジット控除後では28.8%)

GAAPとは?
英文「Generally Accepted Accounting Principles」の略。「一般に公正妥当と認められた会計原則」のことで、米国会計基準はUS-GAAPと呼ばれており、多くの米国企業はGAAPとNon-GAAPの2種類の指標で利益を発表する。Non-GAAPは、GAAPから一時的な損益を除いた調整後の金額を指す。

オペレーション

  • 第3四半期に過去最高の車両生産台数および納車台数を達成
  • 2021年10月、FSD(Full Self-Driving:完全自動運転)市街地ベータ版をより多くの人々に提供開始

財務概要

2021年第3四半期財務概要

売上

第3四半期の総売上高は前年同期比57%増となりました。これは主に、車両納入台数の増加およびその他の部分の成長により達成されたものです。一方で、第3四半期に製品仕様のアップデートによりモデルS、モデルXの構成比が前年同期比で減少したこと、および低価格帯の車両が構成比に占める割合が大きくなったことにより、車両の平均販売価格は前年同期比で6%減少しました。

収益性

第3四半期の営業利益は、前年同期比で20億ドルまで改善し、営業利益率は14.6%となりました。この利益水準に達したのは、第3四半期に2018年のCEOに帰属するSBC費用(株式報酬費用)1億9,000万ドルが発生した一方で、新たな運用上のマイルストーンが確約されたことによります。
営業利益は、主に車両台数の増加とコスト削減により、前年同期比で大幅に増加しました。ただしプラスの影響は、平均販売価格の低下、営業費用の増加、CO2規制クレジット収入の減少、サプライチェーンの追加費用、ビットコイン関連の減損5,100万ドル、その他の項目によって一部相殺されました。

キャッシュ

第3四半期末の現金および現金同等物は、主として15億ドルの債務およびファイナンス・リースの純返済により161億ドルに減少しましたが、13億ドルのフリー・キャッシュ・フローにより一部相殺されました。第3四半期末の負債総額は、車両およびエネルギー製品のファイナンスを除くと、わずか21億ドルにまで減少しました。

オペレーション概要

2021年第3四半期オペレーション概要

車両製造能力

第3四半期は、世界的なサプライチェーン、輸送、その他の製造上の課題が継続しています。私たちは、状況が許す限り、フル稼働に近い状態で生産ラインを稼働させ続けています。
継続的な成長は引き続き目標としていますが、成長の大きさは外部要因に大きく左右されます。

米国:カリフォルニア・テキサス

当社のフリーモント工場では、過去4四半期に43万台以上の車両を生産しましたが、引き続き改善の余地があると考えています。
新しいモデルSの生産は第3四半期に順調に立ち上がり、新しいモデルXの生産も立ち上がり、最初の納入が始まっています。
ギガファクトリーテキサスは計画通りに進んでいます。現在、設備の試運転と最初の量産車の製造を行っているところです。

中国:上海

第3四半期の間、中国は引き続き当社の主要な輸出拠点となりました。中国での生産は順調に立ち上がっており、さらに生産量を増やすための改善を進めています。
エントリーグレードの車両では、リン酸鉄リチウム(LFP)電池への切り替えを進めています。

欧州:ドイツ・ベルリン・ブランデンブルグ

工場の建設は順調に進んでおり、機器のテストも順調に進んでいます。年内には最終許可が下りる予定です。

製造能力≠現在の生産量であり、生産量が製造能力に近づくにつれて限界が見えてくる可能性があります。生産率は、機器の稼働率、部品の供給状況、工場のアップグレードに伴うダウンタイム、規制上の考慮事項など、さまざまな要因に左右されます。

コアテクノロジー

オートパイロットと完全自動運転(FSD)

第3四半期には、優秀なAI人材を獲得するための採用イベント「AI Day」を開催しました。このイベントで、エンド・ツー・エンドのフルオートノミーのビジョン(車両データ収集、ラベリング、シミュレーション、ニューラルネットトレーニング、車両処理など)や、次世代ニューラルネットトレーニングチップ、ヒューマノイドロボットプロジェクトなどを紹介したところ、非常に多くの応募がありました。
10月には、FSD市街地ベータ版を、ドライバーの安全性と注意力を示す「セーフティースコア」に基づいて、より多くのドライバーに拡大しました。

自動車ソフトウェア

第3四半期には、ユーザー体験を合理化し、複数の車両のフォンキーを同時に可能にし、アプリを開いてすぐに車両にコマンドを送信できるようにし、アップグレードやサブスクリプション、アクセサリーの購入を統合した、刷新されたモバイルアプリをリリースしました。さらに、ストリーミングビデオサービス「ディズニー・プラス」、スクロール式アーケードシューターゲーム「スカイフォースリローデッド」、「カーウォッシュモード」を追加し、寒冷地でのパフォーマンスを改善しました。

バッテリーとパワートレイン

新型リチウムイオン電池4680セルのプロジェクトは順調に進み、テスト用バッテリーパックの生産数も増えており、テスト結果は現在のところ期待通りです。ギガファクトリーテキサスでは、バッテリーパックの構造に必要なフロントボディとリアボディの鋳造が行われています。

衝突から衝突までの走行距離グラフ(単位:百万マイル)

その他のハイライト

蓄電池事業

第3四半期の蓄電池の導入量は、主にメガパックの導入が好調だったことにより、前年同期比で71%増加しました。当社は先日、40GWhの容量を持つメガパックの新工場を発表しましたが、これは過去12ヶ月間のメガパック導入量が3GWhだったことと対比的です。私たちは、この製品の幅広い可能性に大いに期待しています。

ソーラー事業

第3四半期の太陽光発電の導入量は、前年同期比46%増の83MWで、現金/ローンによる購入がほぼすべてを占めています。ソーラールーフの設置量は前年同期比で2倍以上に増加し、第3四半期も引き続き増加しています。当社は、エネルギー部門の収益性を高めるために、特に施工面でのさらなるコスト改善を進めています。

サービスおよびその他 -保険

第3四半期には、テレマティクス保険商品にも採用される予定の「セーフティスコア」機能を展開しました。
この機能は、ブレーキ操作、急な旋回、危険な追従、前方衝突警告、自動操縦の強制解除などを積極的にモニターし、衝突の可能性を予測するものです。このシステムは、より多くのデータを得て、微調整を続けていきます。
また、10月初旬には、初めてテキサス州でこのテレマティクス保険の販売を開始しました。これにより、衝突の可能性をより正確に反映した保険料の設定が可能になると考えています。また、衝突の可能性を減らすためにどのような運転調整が必要かを、ユーザーに積極的に伝えていきます。

見通し

製造販売

私たちは、製造能力を可能な限り迅速に拡大することを計画しています。数年後には、年平均50%の自動車販売台数の増加を見込んでいます。この成長率は、当社の設備能力、運用効率、サプライチェーンの容量と安定性に依存します。

キャッシュ

当社は、製品ロードマップ、長期的な生産能力増強計画、その他の費用を調達するための十分な流動性を有しています。

利益

当社の営業利益率は長期的に成長を続け、生産能力の拡大や現地化の計画が進行中であることから、引き続き業界トップレベルの水準を維持するものと期待しています。

製品

引き続き、年末までにベルリンとテキサスオースティンでモデルYの最初の生産を開始することを目標としています。それぞれの生産開始のペースは、多くの新製品や製造技術を新しい場所にうまく導入できるかどうか、サプライチェーン関連の継続的な課題や地域の許可の有無に影響されます。また、モデルYに続いてオースティンでの生産を予定しているサイバートラックの工業化も進んでいます。

テスラの2021年第3四半期の資料は以下からアクセスできます。

写真

ギガベルリンフェスト
ギガテキサス オフィスからの工場の眺め
ギガテキサス モデルYの品質検査
ギガテキサス 外観
ギガ上海 R&Dセンター
ギガ上海工場 超大型鋳造機ギガプレス

めちゃくちゃ儲けている会社にいつの間にか変貌を遂げました!

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました