テスラモデル3、9月にドイツでアウディA4、BMW3、メルセデスCの合計販売台数を上回る!

model3-black02 TESLA News

イーロン・マスクCEOは何年も前から、他の自動車メーカーに対して魅力的な電気自動車を作るよう挑んできましたが、ついに多くの自動車メーカーにとってその挑戦が現実のものとなろうとしています。
現在、自動車業界はマイクロチップのサプライチェーン問題により非常に混沌としていますが、そうした状況にもかかわらず、テスラはプレミアムブランドが多いドイツで偉業をなしとげました。
この2021年9月のテスラモデル3の販売台数が、ドイツにおける3大プレミアムカーメーカー、アウディ、BMW、メルセデスの3社の中型の内燃機関搭載車の合計販売台数を上回りました。

ドイツ連邦自動車交通局の発表によると、9月のドイツでのアウディA4、BMW 3シリーズ、メルセデスC/CLAクラスの販売台数の合計は6,100台でした。これに対してWirtschafts Woche社が販売台数を集計したところ、テスラモデル3の同月の販売台数は6,800台という結果でした。

この販売台数はテスラモデル3が、ドイツで常に人気のあるフォルクスワーゲン・ゴルフと拮抗していることを示しています。アウディは、A4、S4、RS4、A5、S5、RS5の販売台数を集計しても、900台しか販売できませんし、BMWは3シリーズを3,000台販売、メルセデスはC/CLA-Classを2,200台販売しました。

しかもこれは、ベルリン・グリュンハイデで建設中のテスラの新工場が稼動する前の話です。フォルクスワーゲン・グループのCEOであるヘルベルト・ディース氏が先週、経営陣に対して、今後テスラとの競争力を維持するためには、古い工場を解体して、より効率的な新工場に置き換える必要があると語ったのも頷けます。

とはいうものの、テスラの納車台数には四半期内で波があり、毎月第3四半期が納車台数と登録台数を独占していることに注意をはらう必要があります。
モデル3は、ドイツ国内の年間累計EV販売台数ではまだ1位になっていないかもしれませんが、8月末の時点でどれだけ接近していたかを見ると、ドイツでは2021年の第1四半期から第3四半期にかけて、電気自動車のトップセールス1位になる可能性がでてきました。

しかし、フォルクスワーゲン・サポーターからは、フォルクスワーゲン・グループがより多くの電気自動車を販売しており、自動車グループとしてプラグインビークルの販売台数(あるいは純粋なBEVの販売台数)でははるかにリードしていることを指摘すると考えられます。

ドイツにおけるプラグイン車2021年累計販売台数 テスラは5位にも入っていない

現在の状況は、ドイツでは全体的に化石燃料車から電気自動車への移行が進んでいるという話です。

2020年9月の時点では、BMW、アウディ、メルセデスは、テスラモデル3のセグメント(プレミアム中型)において、1万1,000台以上の内燃機関車を販売することができる市場規模があり、2021年9月でも約2倍の台数を販売することができたはず、だということです。

ドイツではEV革命が勢いを増し始めています。9月にドイツで販売されたガソリンエンジン車の数は、前年同期に比べて41%減少しました。さらにディーゼルエンジン搭載車の販売台数は、前年同期比で54%も減少しており、ディーゼル車の販売がほとんどなくなってしまったノルウェーの経緯をたどっているように見えます。一方、ハイブリッド車の販売台数は11%増、プラグインハイブリッド車は14%増、ピュア電気自動車の販売台数は59%増と大幅に増加しました。

この数字は嘘ではありません。ドイツでは、電気自動車への移行が加速し、電気自動車の販売台数が急増しています。もしドイツのビッグスリーが、内燃機関を搭載した車の販売を好転させることができなければ、彼らの将来は非常に危ういものになるでしょう。
3社のうち、フォルクスワーゲンとメルセデスは積極的に電気自動車に取り組んでいるように見えますが、BMWは「電気自動車なんてなかったことにしたい」と思っているように見えます。この3社の中では、BMWというバイエルン州の名門企業が最も消滅の危機に瀕しているようです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

BMW以上に後ろ向きなトヨタはじめ日本メーカーはこの先どうなるのでしょうか?

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました