テスラ (TSLA)、「史上最強の四半期」を迎える?!

TSLA-3Q-FY21 TESLA News

ウォールストリートは、テスラ(NASDAQ:TSLA)の第3四半期の業績を非常に楽観的な目で見ているようで、最近アナリストが火曜日に同社の第3四半期の納入台数について明るい予想を出しています。

あるアナリストは、世界的な半導体不足により自動車部門が直面している逆風にもかかわらず、2021年第3四半期はテスラにとって過去最高の四半期になる可能性が高いと指摘しています。

テスラは、フリーモント、上海の2つの工場で製造を強化しており、これまでにない量の自動車を生産・納入できるようになっています。イーロン・マスクCEOは今月初めのメモで、2021年第3四半期の初期に同社が直面した生産上の課題を補うために、テスラの従業員は「超ハードに仕事する」ことを求められていると指摘しています。

こうした発表に加え、ギガファクトリー上海をドローンで撮影した状況によると、ここ数週間で同工場の生産活動が高稼働になっていることがわかったことから、パイパー・サンドラーとRBCキャピタル・マーケットのアナリストは、第3四半期のテスラの納入台数予測を約23万3,000台に引き上げました。

一方、クレディ・スイス社も、2021年9月期のテスラの納車台数を22万5,000~23万台と予想していると指摘しています。

これらの数字はかなり楽観的なもので、当時すでにそれだけで信じられないほどだった2020年第3四半期と比較して、約65%~67%の増加を示しています。なお、月曜日の時点では、Visible Data社のデータによると、ウォール街のアナリストは平均して、テスラが2021年第3四半期に222,700台を納入すると予想しています。

「5つ星」アナリストであるパイパー・サンドラーのアレクサンダー・ポッターは、最近のノートで、テスラが過去最高の四半期になると述べています。

「我々は、第3四半期がTSLAにとって過去最高の四半期になると考えており、それに合わせて2021年の予想を引き上げています」とポッターは指摘しています。

また、同アナリストは、予測する2021年のテスラの納入台数を84万6,000台から89万4,000台に引き上げる、と述べています。

クレディ・スイス社のアナリストであるダン・レビー氏は、テスラが「新しいマイクロコントローラー」への「迅速なピボット」を行い、ソフトウェアの更新を決定したことで、半導体不足を同業他社よりもうまく切り抜けているようだと指摘しています。

「テスラは他の自動車メーカーよりも半導体不足の影響を受けていないようだ」とレビー氏は指摘しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

こういう場合、「材料出尽くし」で株価は下がるのが一般的ですが、どうなるでしょうか、楽しみです。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました