テスラ中国、北京にアジア最大のデリバリーセンターを正式オープン!

delivery-center-china-00 TESLA News
この記事は約2分で読めます。

テスラは、中国・北京にアジア最大のデリバリーセンターを開設しました。約130,000平方フィート(約12,100平米)の建物に、一度に100台以上の車両を収容することができます。

テスラは、中国市場参入8周年を記念して、北京に約130,000平方フィート以上の広さを持つデリバリーセンターを新設しました。100カ所以上の屋内配送拠点を持つ中で、アジア最大の配送拠点となったとのことです。

この新しいデリバリーセンターは、北京北東部のリゾート地、西島(カニ島)の近くにあります。センター内には多数の駐車スペースがあり、一部の駐車スペースには充電器が設置されています。

また、待合室やマッサージチェアを備えたラウンジも設置されています。このデリバリーセンターは、テスラ製品の重要な流通拠点であると同時に、中国やアジアのお客様が集まる場所になると期待されています。

ここでは、テスラが開発したインテリジェントな配送システム「Delivery Vision」を採用しており、配送拠点での人的資源の配分や配送速度の向上、オーナーによる配送予定時間の確認などが可能です。

この新しいデリバリーセンターのオープンを記念して行われたセレモニーには、テスラ中国の副社長であるグレース・タオが出席しました。グレース・タオは、「中国が炭素排出量の目標を達成し、できるだけ早くカーボンニュートラルになれるよう、今後も中国市場を拡大していきます」と述べました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

先日大阪豊中のサービスセンター(納車センターも兼ねている)で確認した際、目一杯入れて納車台数は15台でした。残念ながら市場の大きさでテスラの力の入れようも違ってくる、ということですね。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました