テスラ、中国でスーパーチャージャー工場の建設を完了しまもなく量産開始!

china-supercharger-factory TESLA News
Photos: Sina Technology News
この記事は約2分で読めます。

工場は約9ヶ月で完成

中国の新聞「北京ニュース」は12日、テスラが上海でスーパーチャージャー工場の建設を完了したと報じました。プロジェクトは8月20日に正式に完了しましたが、テスト生産は9月25日まで行われる予定で、受け入れテストは次の9月26日から10月30日の間に完了する予定です。

テスラのスーパーチャージャー工場の環境報告書によると、このプロジェクトは今年1月20日に正式に開始されました。

2月初旬、テスラは最初のスーパーチャージャーV3パイルが組立ラインから生産されたことを発表しましたが、これがテストサンプルであるかどうかは不明でした。

年間1万台のV3機を製造可能

54,000平方フィートの工場の建設には、4,200万元(640万ドル)が投じられました。この工場では、年間1万台の充電器を生産することができ、生産されるパイルのほとんどは、急速充電機能を備えたV3タイプになると言われています。

新工場の建設中、テスラはいくつかの調整を行いました。例えば、当初委託していた充電用パイルのジャンクションボックスの生産ラインについて、倉庫内にコアの再包装ラインを追加するなどのリストラを行いました。

また、試験的な生産ニーズに合わせて従業員数を200人から150人に削減し、1日22時間稼働を実施した結果、300営業日、年間の総生産稼働時間は合計6,600時間になったとしています。

スーパーチャージャーの重要性

この新しいスーパーチャージャー工場は、中国におけるテスラの充電ネットワークの急速な発展にさらに貢献することになります。

充電ステーションのネットワークが充実していることは、電気自動車を選ぶ際の最も重要な基準の一つであり、さらに多くの顧客を惹きつけるだけでなく、NEV(新エネルギー車)市場において独占的な競争力を持つことにもなります。

中国は、電気自動車にとって巨大な市場であり、特にテスラにとっては非常に人気のある市場です。テスラの中国チームは、最高の所有体験を保証するために、中国での充電インフラを拡大する重要な目標を持っています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

1年で1万機も製造できるのなら、早く日本にもたくさんスーパーチャージャー作って欲しいものです。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました