イーロン・マスク、「経済の99%は地球上の問題解決に、1%は地球外への延命に充てるべき」

elon TESLA News
この記事は約3分で読めます。

スペースX社とテスラの創業者であるイーロン・マスクは、人類が地球外にまで生活の場を広げることができる未来を思い描いており、火星を人類の第二の故郷にする可能性があると考えています。

彼の航空宇宙企業SpaceX社は、10年以上にわたり、宇宙への有人ミッションの打ち上げを達成するために取り組んできました。2020年、SpaceX社はNASAの宇宙飛行士を国際宇宙ステーションに打ち上げ、有人宇宙飛行の能力を示しました。

現在までに、同社はNASAのために合計3回の有人飛行を打ち上げて成功しています。SpaceX社は現在、9月15日にInspiration4と呼ばれる初の全民間人による宇宙ツアーで4回目の有人飛行を行う準備をしています。

マスク氏は、彼の会社がなぜ人類の宇宙探査を可能にし、多惑星生活を実現するために取り組んでいるのかを理解しない人々から、多くの批判にさらされてきました。

Netflixのドキュメンタリーシリーズ「Countdown: Inspiration4 Mission To Space」の中で、インタビュアーがマスクに

「『地球には十分な問題があるのに、なぜ地球から脱出することに時間とエネルギーとお金を費やしているのか』と考えている人たちに何と言うか」

と質問したところ、

「私は、資源の大半を地球上の問題解決に費やすべきだと思います。経済の99%以上を地球上の問題解決に充てるべきですが、1%とか1%未満のものは、地球外の生命を延長するために適用できるかもしれないと考えています。私たちが宇宙文明を持ち、複数の惑星を持つ種族になっている未来を考えると、それはエキサイティングで刺激的な未来です。」

とイーロン・マスク氏は答えています。

マスク氏はこれまでのキャリアの中で、人類は永遠に地球に留まることはできないと何度も記者に語ってきました。

「人類の未来は、基本的に2つの方向に分かれると思います。多惑星生物や宇宙文明になるか、最終的に絶滅するまで1つの惑星に留まるかです」

とマスクは2016年にナショナルジオグラフィックに語っています。

「私が未来に興奮し、インスピレーションを得るためには、最初の選択肢でなければなりません。そうでなければならないのです。私たちは宇宙文明を手に入れるのです。」

マスク氏は、人類の宇宙開発を支援するために自分の財産を投資する1%の人になることを選びました。今年初めの3月、彼は、以下のように述べています。

「私は人類を多惑星化し、意識の光を宇宙にまで広げるためにリソースをためている。」

スペースX社は、24時間体制で宇宙船「スターシップ」の開発に取り組んでいます。この宇宙船は、人類の第2の故郷を火星に建設する先駆者となることを選択した場合、何百人もの人類が火星に行くことを可能にします。

人類の未来を守るためには、人類が月面に恒久的な基地を建設し、火星に持続可能なコロニーを作ることができるよう、少なくとも1,000台のスターシップを製造する必要があるとマスク氏は考えています。

「スターシップは、意識の光を維持するための鍵となります」

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラはしばしばアップルに例えられることがありますが、完全に違うことがこれで明らかですね。方や秘密主義の「金儲け&内部留保企業」、方や「リスクテイク&地球脱出」。スケールが違いすぎる。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました