世界で最も売れているプラグイン自動車ベスト20!

World-plugin-vehicle-sales-top-brands-January-July-2021-CleanTechnica-watermark TESLA News
この記事は約6分で読めます。

世界のプラグイン自動車の登録台数は、先月、一年前の2020年7月に比べて94%増加し、48万台(自動車市場全体に占めるシェアは7.1%)を記録しました。これにより、プラグイン市場は過去3番目に良い月となりました。

7月のプラグイン自動車登録台数のうち、バッテリー電気自動車(BEV)の割合は66%で、これは累計(YTD)の集計と同じです。BEVの登録台数は約31万8,000台で、自動車市場全体の4.7%を占めています。

累計では300万台を超え、シェアも過去最高の6.5%となっています。また、例年、下半期は好調に推移することから、今年のプラグインビークル(PEV)市場は600万台を軽く超えると思われます。

しかし、欧州や中国ではすでに破壊的な現象が起きていますが、世界規模で破壊的な現象が起きるのは来年以降のはずで、米国市場が今後の電動ピックアップトラック戦争によって競争加速すれば、その効果はさらに高まるでしょう。

とはいえ、3つの主要市場(中国、欧州、米国)すべてで記録的な月となることが予想されるため、12月は世界レベルで初めて2桁の数字を記録する月となるでしょう。

今後の動向は、COVIDパンデミックの進展や景気回復、マイクロチップ(およびバッテリー)不足の解消の早さなどに大きく左右されますが、既存メーカーが、まるで命をかけているかのように、自社のプラグイン製品を前述の生産リスクから守っていることから、何が起ころうともプラグインの市場シェアは拡大し続けると予想されます(実際にそうなっています)。

2021年7月単月 プラグイン自動車販売台数ランキング

世界のプラグイン自動車販売(2021年7月単月)

モデル別ランキングでは、テスラのオフ月に宏光MINI EV(Wuling Mini EV)がいつものように1位を獲得するなど、表彰台の順位に大きなサプライズはありませんでしたが、先月、テスラのモデル3が弟分のモデルYに勝つことができたことは注目に値します。両モデルが基本的に同じ市場で販売されている今、セダンがクロスオーバーの販売に追いつくことができるかどうかが注目されます。

表彰台から外れたところでは、フォルクスワーゲンID.4が6月に続いて10,654台を販売し、4位にランクインしたことがそれほど大きな驚きではありませんでした。欧州の大量販売に米国での販売が加わり、中国での販売もようやく軌道に乗ってきたことから、このドイツ製クロスオーバーは今後も販売台数を伸ばし、レガシーメーカーの中で最も売れているモデルとなることが期待されます。

また、先月のトップ20には11台の中国製モデルがランクインしており、過去最高のスコアを記録した中国製モデルもあります。6位の「長安新能源 Benni EV」、7位の「Li Xiang One」、9位の「BYD Song Pro PHEV」、11位の「XPeng P7」、18位の「BYD Qin Plus BEV」、19位の「Roewe Clever EV」などです。

また、10位の「Ford Mustang Mach-E」(6,745台)や13位の「Hyundai Ioniq 5」(5,924台)など、伝統的なOEMメーカーのモデルも、納入台数を伸ばしていました。

最も驚いたのは、Jeep Wrangler PHEVが7,275台の登録で8位に躍進したことです。ステランティス社は、このカリスマ的モデルのPHEVバージョンで金字塔を打ち立てたようです。これで、噂されているMagneto BEVバージョンのラングラーも将来的には間違いないでしょう。

2021年累計(1−7月) プラグイン自動車販売台数ランキング

世界のプラグイン自動車販売(2021年1-7月累計)

年間累計(YTDテーブル)では、今月の上昇は中国の2モデルで、安価なChangan Benni EVが6つ順位を上げて7位に、フルサイズのLi Xiang One yacht SUVが5つ順位を上げて6位になり、カテゴリーリーダーのBYD Han EVが6,000台弱の差で5位になっています。9月から10月にかけて、これらのスタートアップモデルがカテゴリーリーダーの位置に到達することを期待しています。

大型SUVのこれらの結果は、今やSUVがPHEVカテゴリーのリーダーであることに疑いの余地はありませんが、スタートアップ企業(ちなみに、メディアで最も注目されている企業の一つではありません)から生まれたというだけでなく、市場のハイエンドで活躍しているという点でも印象的です。

かつて中国の自動車産業は、安価な模造品を作っているだけだと揶揄されていましたが、今ではシティカーのカテゴリー(Wuling Mini EV、Changan Benni EV、Ora Black Cat)からフルサイズカーやSUV(BYD Han EV、Li Xiang One)まで、あらゆるセグメントで競争力のあるモデルを持っており、話は大きく変わってきています。

他には、フォルクスワーゲンが好調で、ID.4が4位、ID.3が8位に上昇しました。トヨタのRAV4 PHEVは2つ順位を上げて16位となり、日本の自動車メーカーがこの市場で大きな可能性を持ち続けていることを証明しました。一方、Ford Escape/Kuga PHEVは1つ順位を上げて19位にランクインしました。

フォードといえば、新しいBEVであるMustang Mach-Eが、トップ20からわずか1,300台しか離れていないので、すぐに(もしかしたら8月にはすでに)テーブルに加わることになるでしょう。

トップ20では、BYD Qin Plus PHEVが17位にランクインし、新たなモデルが加わりました。中国のミッドサイザーは、近いうちにトップ10入りを目指していることでしょう。

2021年 プラグイン自動車 メーカー別ランキング

BYDの勢いはとどまるところを知らず、46,938台の登録台数で再び自社の記録を更新し、1月以来、月間レースでテスラを上回ることができました。BYDは、1月の時点ではSGMWに負けていましたが、今後も記録を更新し続けることで、8月のタイトル争いでテスラに一矢報いることになるかもしれません。

世界のプラグインメーカー(2021年7月単月)

ヒュンダイは先月、Ioniq 5の生産を拡大したこともあり、16,798台とほぼ過去最高のスコアを記録しましたが、非常に驚いたのは16位のJeepで、ステランティス社のパートナーであるプジョー(17位)を抑えて、初めてトップ20に躍り出ました。これは一過性のものなのか、それともJeepがステランティスの新しいスターになったのでしょうか。

また、Li Xiangが18位、XPengが20位といずれも過去最高の成績でトップ20入りしたのに対し、NIOは21位とライバルのXPengに100台ほど及ばなかったことも特筆すべき点です。

世界のプラグインメーカー(2021年1-7月累計)

年間累計(YTDテーブル)では、BYDがフォルクスワーゲンを抜いて3位になりました。この様子では、10月までにBYDがSGMWの2位に迫ることになりそうです。

現代自動車と起亜自動車には笑顔の理由があり、現代自動車は2つ順位を上げて12位に、起亜自動車は10位に上昇しました。

フォードはMustang Mach-EとEscape/Kuga PHEVのコンビで15位、長安は1つ順位を上げて19位となっています。

トップ20の外には、中国の自動車メーカーが複数ランクインしていますが、トップ20まであと3,000台を切ったJeepがランクインしており、ステランティスの2番目のランクインも近いかもしれません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

このランキングを見るとテスラというより中国勢の勢いと、日本勢の衰退が印象的です。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました