テスラ 2021年第2四半期決算についての詳報

gigafactory TESLA News
この記事は約8分で読めます。

今回は、2021年7月に行われたテスラの第2四半期決算内容について、決算発表に際しての資料の翻訳をもとに詳しくお伝えします。

ハイライト

キャッシュ

  • 第2四半期の設備投資額控除後の営業キャッシュフロー(フリーキャッシュフロー)は6億1,900万ドル
  • 第2四半期の負債およびファイナンス・リースの純返済額は16億ドル
  • 第2四半期の現金および現金同等物は、合計で9億1,200万ドル減少し、162億ドル

収益性

  • 第2四半期のGAAPベースの営業利益は13億ドル、営業利益率は11.0%
  • 第2四半期のGAAPベースの純利益は11億ドル、非GAAPベースの純利益(SBC1を除く)は16億ドル
  • 第2四半期の自動車部門のGAAPベースの売上総利益率は28.4%(クレジット控除後では25.8%)

オペレーション

  • 第2四半期の車両生産台数および納入台数は過去最高
  • 7月にFSDサブスクリプションの開始に成功
  • 新型モデルSの顧客への納入開始

サマリー

  • 2021年第2四半期、新たな注目すべき記録を更新
  • 20万台以上の車両を生産・納入し、営業利益率は11.0%、GAAPベースの純利益は10億ドル超
  • サプライチェーンの課題、特に世界的な半導体の供給不足と海運の混乱はこの第2四半期も継続
  • サプライチェーン、ソフトウェア開発、工場を含むテスラチームは、可能な限りフル稼働に近い状態で生産を継続するために非常に努力した
  • 世界の自動車需要が記録的な水準にある中、部品の供給は、今年の残りの納入台数の増加率に大きく影響する
  • 第2四半期にテスラビジョンの立ち上げに成功したが、これは主に、100万台以上のテスラ車のデータを利用して、大規模で多様かつ正確なデータセットを調達できたことによるもの
  • 一方、完全自動運転を実現することは、技術的に難しい課題だが、大規模でリアルな世界のデータセットの収集と最先端のAIによってのみ解決できると考えている
  • 電気自動車に対する一般ユーザーの支持は、これまで経験したことのない急激な拡大を見せている
  • テスラは、一人でも多くのユーザーに電気自動車を手にしていただけるよう、コストを削減し、生産性を向上させることで、電気自動車の普及を促進するための努力を続けている

財務概要

売上

第2四半期の総売上高は前年同期比98%増となりました。これは主に、車両の納入台数が大幅に増加したことに加え、その他の部分でも成長したことによるものです。一方で、第2四半期に製品のアップデートに伴いModel SおよびModel Xの販売台数が減少したこと、および平均販売価格の低い中国製車両が全体に占める割合が大きくなったことから、車両の平均販売価格は前年同期比で2%減少しました。

収益性

第2四半期の営業利益は前年同期に比べて改善し、13億ドルとなり、営業利益率は11.0%となりました。この利益水準は、第2四半期に新たな運用上のマイルストーンが確立されたことにより、2018年のCEOに帰属する株式報酬費用1億7,600万ドルを計上しながらも達成されました。
営業利益は、主に販売台数の増加とコスト削減により、前年同期比で増加しました。これは、株式報酬費用の増加、モデルS/Xの立ち上げ(第2四半期はマイナスマージン)、サプライチェーンの追加費用、規制当局からのクレジット収入の減少、ビットコイン関連の減損2,300万ドル、その他の項目を含む営業費用の増加によって一部相殺されました。

キャッシュ

第2四半期末の現金および現金同等物は、6億1,900万ドルのフリー・キャッシュ・フローにより一部相殺されたものの、主として16億ドルの負債およびファイナンス・リースの純返済により、162億ドルに減少しました。

オペレーション概要

世界の需要は引き続き旺盛で、当社は部品供給の限界まで生産しています。第2四半期は、半導体の供給問題が続いていますが、生産量をさらに増やすことができました。

米国:カリフォルニア・テキサス

モデルSの生産増強は第2四半期中に進み、今年の残りの期間も引き続き増加すると予想しています。米国の旺盛な需要を背景に、モデル3/Yの全生産台数の大部分が北米で納入されました。ギガファクトリーテキサスの建設は、第2四半期も引き続き進行し、工場の一部で試運転を開始しました。

中国:上海

サプライチェーンの問題や工場のアップグレードによる小規模な中断はありましたが、上海の生産は堅調に推移しました。中国では、計画したロードマップに沿って、Model Yの標準レンジバージョンを導入しました。このモデルは、インセンティブ後の価格が276,000人民元です。米国での旺盛な需要とグローバルなコストの最適化により、ギガ上海ファクトリーを世界の輸出ハブ拠点に位置づけました。

欧州:ベルリン・ブランデンブルグ

全世界の生産ラインは可能な限りのスピードで稼働していますが、欧州の需要は供給を大きく上回っており、納品までの待ち時間が長くなっています。私たちは、製造機械の設置を続け、ツールのテストを開始し、ベルリンでの生産開始に向けて可能な限り迅速に取り組んでいますが、その間にも輸入量は増加しています。

製造能力≠現在の生産量であり、生産量が製造能力に近づくにつれて限界が見えてくる可能性があります。生産率は、機器の稼働率、部品の供給状況、工場のアップグレードに伴うダウンタイム、規制上の考慮事項など、さまざまな要因に左右されます。

コア・テクノロジー

オートパイロットと完全自動運転(FSD)

100万台以上のレーダー搭載車を販売してきた私たちは、一部の地域でレーダーの排除を開始できるだけのデータを収集しました。膨大なコーナーケースのデータを収集することで可能となったレーダーの除去により、我々は「ビジョン」に集中し、改善のペースを上げることができるようになりました。7月に最初のお客様がFSD V9ベータ版をダウンロードしてくださり、現在のユーザーからも好評をいただいています。

FSD V9ベータで車が見ているモノ

自動車ソフトウェア

私たちのチームは、半導体の不足による製造の混乱に迅速に対応し、それを軽減するための比類ない能力を発揮してきました。当社の電気およびファームウェアエンジニアリングチームは、半導体の不足が続く中、19種類の新しいコントローラの設計、開発、検証に懸命に取り組んでいます。

バッテリーとパワートレイン

カリフォルニア州のカトー工場で生産された4680型セルの性能と寿命の検証に成功しました。フィールドでの品質と歩留まりは実行可能なレベルに達しており、現在は生産量のボトルネックとなっている10%の製造プロセスの改善に焦点を当てています。大きな進歩があったとはいえ、大量生産を実現するまでにはまだ課題が残っています。また、シングルピースのフロントキャスティングを採用した構造パックの社内衝突試験も成功しました。

その他のハイライト

蓄電事業

エネルギーストレージの導入量は、主に複数のメガパックプロジェクトの認知度向上により、第2四半期に前年同期比で3倍以上に増加しました。このエネルギーストレージの導入量は、特定のプロジェクトのマイルストーンのタイミングによって、四半期ごとに大きく変動する可能性があります。パワーウォールは引き続き非常に人気が高く、導入数は前年同期比で約2倍となりました。エネルギー・ストレージの生産は、サプライチェーンの問題により引き続き停滞しており、当社の受注残は長期にわたっています。

ソーラー事業

第2四半期の太陽光発電の導入量は85MWに達し、前年同期の3倍以上となりました。また、現金・融資によるソーラー発電の導入量は前年同期の4倍以上となりました。ソーラールーフの導入量は、前年同期比だけでなく前四半期比でも大幅に増加しました。これまでのところ、当社のソーラー+ストレージ製品は非常に人気があり、設置作業員の効率も引き続き向上しています。

サービスその他

サービスとその他分野の第2四半期の売上総利益率はほぼ損益分岐点に達し、過去4年間で最高の結果となりました。この改善は、主に中古車の好調な業績と、引き続きコスト効率に注力したことによるものです。

見通し

製造販売量

私たちは、製造能力を可能な限り迅速に拡大することを計画しています。数年後には、年平均50%の自動車販売台数の増加を見込んでいます。年によってはそれ以上の成長を遂げる可能性もあり、2021年はそのような年になると考えています。成長率は、当社の設備能力、運用効率、サプライチェーンの容量と安定性に依存します。

キャッシュ

当社は、製品ロードマップ、長期的な生産能力増強計画、その他の費用を賄うための十分な流動性を有しています。

利益

当社の営業利益率は長期的に成長を続け、生産能力の拡大や現地化の計画が進行中であることから、引き続き業界トップレベルの水準を維持するものと期待しています。

製品

当社は、2021年中にベルリン・ブランデンブルグとテキサス・オースティンでModel Yの最初の車両を生産するという目標を達成できると考えています。各工場の生産開始のペースは、多くの新製品や製造技術の導入が成功するかどうか、サプライチェーン関連の課題が継続するかどうか、地域の許可を得られるかどうかに影響されます。これらの工場に注力するため、また、バッテリーセルの入手が限られていることやグローバルなサプライチェーンの課題を考慮して、セミトラックプログラムの開始時期を2022年に変更しました。また、モデルYに続いてオースティンでの生産を予定しているサイバートラックの工業化も進んでいます。

テスラの2021年第2四半期の資料は以下からアクセスできます。

この記事は決算資料を引用・翻訳・編集して作成しています。

ここからの拡大成長のスピードがかなり早くなるのでは?と思います。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました