人工知能イベント「テスラ AI Day」の招待状を送付!

tesla-ai-day-invitation TESLA News
この記事は約4分で読めます。

テスラは、8月19日に開催される「人工知能の日(AIデー)」の招待状の送付を開始しました。この招待状には、スーパーコンピューター「Dojo」のチップと思われるものが掲載されており、その最新情報はイベントで明らかにされる予定です。

テスラは、単に普通の車を作って製造するという目的にとどまらず、ハイテクノロジーにより他の自動車メーカーができなかったことを可能にしてきています。自動車の完全な自動運転につながる高度なAI(人工知能)や、テクノロジー企業であるがゆえの競合他社と質的に差別化された独自の技術を開発しています。

これまで存在しなかったユニークな製品を生み出すことで、エンドユーザーから多くの関心が寄せられ、さらに多数のエンドユーザーはイーロン・マスクCEOに対して、今回のAIのテーマでイベントを開催するよう何度も要請しています。

マスク氏は、テスラのAIソフトウェアおよびハードウェアの進捗状況を披露するためにテスラAIデー(Tesla AI Day)を開催することを約束しており、7月29日、来る8月19日にテスラAIデーを開催することを発表しました。

このイベントでは、関心の高いいくつかの疑問に答えることができると思いますが、主な目的は別にあります。テスラがAIの分野で仕事をし、開発し、成功を収めるためには、これらのタスクを可能な限り早く達成するための多くのスペシャリストが必要です。AIデーの期間中、同社はその進捗状況を共有するとともに、将来の開発に向けたロードマップを示しで関心を呼び、その分野のスペシャリストをテスラで働かせることを目指しています。つまり、マスク氏が認めているように、AIデーの主な目的は、「最高のAI人材をテスラに引き寄せ、説得すること」にあるのです。

同社は現在、来るべきイベントへの招待状の発送を開始しています。テスラによると、テスラのCEOであるイーロン・マスクによる基調講演、同社のエンジニアによるハードウェアとソフトウェアのデモンストレーション、モデルS Plaidの試乗会などが予定されているようです。

また、招待状には、このイベントの参加者は、スーパーコンピューターやニューラルネットワークのトレーニング分野における同社の最新の開発状況をいち早く目にすることができるほか、自動車以外の分野でのテスラのAIの取り組みを確認できることも示されています。

「2021年8月19日午後5時(PDT)にカリフォルニア州パロアルトで開催されるイベントに参加してみませんか?この招待制のイベントでは、イーロンによる基調講演、テスラのエンジニアによるハードウェアおよびソフトウェアのデモ、モデルS Plaidの試乗などが行われます。
参加者は、スーパーコンピューティングとニューラルネットワークのトレーニングにおけるテスラの最新の開発成果をいち早く目にすることができます。また、テスラのAIが車両以外に何を目指しているのかを知ることができます。

このイベントの招待状をメールで受け取った方は、同じメールアドレスで以下のフォームを送信し、参加希望の旨をお知らせください。参加枠には限りがありますので、イベント開催日近くに参加者リストを改めて通知させていただきます。AIデーへの参加が決定した方には、イベントの追加詳細を記載した確認メールをお送りします。”

招待状には、テスラのトレーニング用スーパーコンピュータ「Dojo」用に設計されたとされるチップのようなものも描かれています。8月3日、Robotics & Mechanisms Laboratory(RoMeLa)のディレクターであるデニス・ホン教授は、来るべきテスラ AI デーの情報とともに同様の画像をツイートしました。彼とテスラが同じ画像を使っていることから、ホンはテスラの仕事に直接関わっていると考えてよいでしょう。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

この招待状を受取る人たちはどんな人たちなのでしょうか。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました