テスラ、モデルYをまもなく香港で納車、テキサス工場で試作開始!

tesla-modely-skelton TESLA News
この記事は約5分で読めます。

テスラモデルY、来月から香港・マカオで納車開始

テスラは来月、香港とマカオでモデルYの納車を開始します。この情報は、テスラが月曜日のアップデートで現地メディアに伝えたものです。

テスラは、顧客への納車を予告した以外に、モデルYの価格体系の概要も明らかにしました。同社によると、電気モーターを1つ搭載したベースのモデルYスタンダードレンジの航続距離は455km、最高速度は217km/h、香港での「1対1交換制度」上での価格は329,800香港ドル(約463万円)となります。

昨年2月に発表された香港の「1対対1交換制度」は、所有者が古い車の登録を解除して廃車にすることで、より手頃な価格で電気自動車を購入することができるというものです。例えば、モデルY スタンダードレンジの価格は、この買い替え制度が適用されない場合、464,570香港ドル(約652万円)となります。

モデル Y ロングレンジ・デュアルモーターは1対1交換のスキームで377,800香港ドル(約530万円)、モデル Y パフォーマンスは交換スキームなしで468,070香港ドル(約657万円)となっています。

香港では電気自動車の人気が非常に高く、テスラ社のCEOであるイーロン・マスク氏は、香港をEVの「ビーコン・シティ」と呼び、「世界の他の国々に何をすべきかを示す手本となる」と述べています。2020年末までに、香港で新たに購入された自家用車の8台に1台は、すべて電気自動車になると言われており、これは今年初めに財務長官のポール・チャンが発表した2021-22年度予算からの推測です。

香港ではテスラが非常によく売れています。昨年末の時点で、香港には18,500台の自家用電気自動車がありましたが、運輸局のデータによると、その80%がテスラでした。米国の自動車メーカーの香港・マカオ・台湾担当リージョナル・ディレクターであるイザベル・ファンは、現在、香港の登録車全体に占めるEVの割合はわずか3%ですが、まだまだ上向きの可能性を秘めていると述べています。

「香港の登録車に占めるEVの割合は現在わずか約3%です。テスラは香港でさらに販売を拡大していきたいと考えており、これから残りの97%をターゲットにしていきます」とテスラの幹部は語っています。

香港は、2035年以前にハイブリッド車を含む化石燃料車の新規登録をゼロにすることを目標に掲げ、電気自動車のさらなる普及を目指しています。

数週間以内にGIGAテキサスでモデルYの生産を開始

テスラのギガテキサスファクトリーは準備万端のようで、すでにモデルYの生産に向けて準備を始めているようです。テスラのギガテキサスサイトの関係者からの最近の情報によると、この工場でのモデルYの生産は数ヶ月以内に開始される可能性があり、今後数週間で初期の製造テストランが開始されるとのことです。

ドローン操縦士のジョー・テグメイヤーは、最近、テスラのギガテキサスファクトリーの進捗状況について現場の情報筋と話をしました。その情報筋によると、テスラは早ければ来週にも最初の「フルテスト」モデルYを生産する予定だということです。

「フルテスト」モデルYとは、車両が動作可能である一方で、法規制に適合するまでには至ってない試作モデルということを意味します。この「フルテスト」モデルYの生産によって、ギガ・テキサス工場で働く新しい従業員は、このクロスオーバーの公道走行バージョンに関する製造トレーニングを実施することになります。

ギガテキサスファクトリーの関係者は、公道走行バージョンのモデルYの生産が約2ヵ月後に開始される可能性も示唆しています。数週間の猶予があれば、テスラは第3四半期の終わりか第4四半期の初めにモデル Yの生産を正式に開始することができます。この現場関係者の予測は、イーロン・マスクが前回の決算説明会で発表した時間軸と一致しています。

「ギガ・テキサスのチームは本当に素晴らしい仕事をしてくれましたし、ベルリン・ブランデンブルクのチームも素晴らしい仕事をしてくれました。今年後半には、両工場で新デザインのモデルYを限定生産する予定です」とマスクCEOは述べています。

ギガテキサスファクトリーで生産されるモデルYは、テスラのフリーモント工場で組み立てられるSUVとは若干異なります。ひとつには、ギガテキサスのモデル Yには、「フロントメガキャスト」が搭載されます。

また、テスラは、4680型セルを構造体に適用したバッテリーパックを搭載したモデルYの生産を近々開始したいと考えています。

イーロン・マスクCEOは、2021年第2四半期の決算説明会で、以下のように説明しています。

「例えば、ここ(テキサス)とベルリンで作られるモデルYは、フロントボディが鋳造され、リアボディも鋳造されていますが、カリフォルニアで作られるものは、リアボディは鋳造されていますが、フロントボディは鋳造されていません」

「また、4680型セルを使った「構造的な」バッテリーパックの採用を目指しており、これは重量の削減と同時にコストの削減につながりますが、それだけを目指しているわけではありません。バックアッププランとして、非構造体パックと2170型セルも用意しています。しかし、製造サイドでは、当然ながら4680型セルと構造用バッテリーパックを使用したいと考えています。物理学的に見ても、これは最高のアーキテクチャーであり、経済的に見ても、これが最も低コストな方法で、最も軽い構造なのです」とマスクCEOは語っています。

モデルYの生産後、テスラはギガ・テキサスファクトリーでサイバートラックの生産に着手する予定です。今年の残りの期間、モデルYの生産がテスラの主な課題となります。

今期、テスラは欧州へのモデルYの納車を開始することを発表しました。また、同社は2021年第2四半期の決算資料で、ギガ上海工場が主要な輸出拠点になったことを発表しました。

テスラのギガファクトリーテキサスに関する最新の進捗状況は、以下でもご確認いただけます。

この記事はこのサイトこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

香港は英国の影響を受けて「右ハンドル」市場なので、早く日本にも‥‥‥と思っていまいます。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました