テスラ第2四半期決算資料で示した「Future Product」は?

tesla-future-product TESLA News
この記事は約5分で読めます。

Future Product

テスラの売上成長、米国自動車市場でのリーダーシップ、テスラスーパーチャージャーネットワークの拡大、テスラストア&サービスセンターの拠点増加、テスラソーラー&エネルギーストレージの成長など、数字上の拡大成長はさておき、第2四半期のテスラの株主向け資料では、「あること」が非常に目立っていました。それは、全世界のモデルごとの生産能力を示す表に「開発中」と表示されていた「Future Product」です。この「Future Product」を生産する工場は「TBD」(To Be Decided:未定)となっています。

2021年第2四半期決算発表資料より

電気自動車のミニバス(Tesla Master Plan, Part Deuxに掲載されている)、サイバートラックのミニバン(Cybervan?)、より「普通の」ピックアップトラックなど、この未来の製品/車両がどのようなものになるかについてはさまざまな可能性があります。

ただ、このうち「ある可能性」が他のものよりも際立っています

テスラのミッションは常にシンプルで明確です。それは、電気自動車と持続可能な再生可能クリーンエネルギーへの移行を世界で加速することです。それは、平均的な新車購入者の要求をすべて満たす、手ごろな価格の自動車を生産・販売することです。

テスラが今日これほどまでに成功して(価値を高めて)いるのは、モデル3でこのターゲットの期待に応え、さらにモデルYで再びユーザーの評価を得るクルマを開発・販売できたからです。しかし、モデル3やモデルYの市場よりも一段下には、もっと大きな市場が手つかずのまま存在しています。

2021年上半期 欧州プラグイン車販売台数ランキング

世界のほとんどの人は、4万ドル(約440万円)以上の車を買うことができません。現在、世界史上最も豊かな国であるアメリカでも、ほとんどの人が4万ドル(約440万円)以上の車を買うことはできません。また、経済の仕組み上、2万5,000ドルや3万ドルのクルマを買える人のほうが、3万5,000ドルや4万ドルのクルマを買える人よりもはるかに多いのです。

2021年上半期 中国プラグイン車販売台数ランキング

中国に代表されるような他の市場では、さらに大きなチャンスがあります。テスラモデル3が中国やヨーロッパで驚異的な販売台数を実現しています。もし、テスラ車にもっと小さくて安い選択肢があったら、と想像してみてください。

その昔、イーロン・マスクCEOは、テスラが価格面で35,000ドルのモデル3を下回ることはないと言っていました。しかし、彼は最終的にその方針を変更し、私たちはここ数年、より多くの人が利用する、より安価で小型のテスラの可能性についていくつかの記事を掲載してきました。

このクルマはおそらく、先進性や豊富な技術を抑えたモデルになるでしょう。(しかし、技術的な特徴はテスラが決して妥協しないもののように思えます。) そして、おそらくコンパクトカーになるでしょう。私たちは便宜的に「モデル2」と呼ぶことが多いのですが、「モデルC」という名前の方が有力なようです(「C」はコンパクト、チープ、クールの頭文字かもしれません)。いずれにしても、テスラはまだその名称を明らかにしていませんので、何らかのプレースホルダー(仮称)を使用する必要があります。

この新しい車が、第2四半期の株主総会で発表された「将来の製品」にあたるものだと予想されます。もしそうだとすれば、クールなのは、テスラがその表に含めるに値するほどの進捗を示していることです。確かに、テスラのスケジュールにのっている車がいくつかありますが、イーロン・マスクが確実に生産に移す意思を持っていない限り、「Future Product」のステータスにはなりません。このテスラの「Future Product」が本当に 「モデルC」であることを期待しましょう。より安価なテスラは、市場を破壊し、パラダイムシフトを起こすような驚くべき車になるでしょうが、何よりもバッテリーの供給に限界があることは間違いありません。

2021年後半にGIGA上海で試作開始?

たくさんの人々が、テスラの新モデルの発表を待っています。テスラによると、その価格は約25,000ドル(約275万円)になるとのことです。多くの人々は、排気ガスで環境を汚染するICE(内燃機関)車よりも、環境に優しいEVを好むでしょうから、テスラによる手頃な価格の電気自動車の市場投入は、世界の自動車市場のさらなる発展を左右することになるでしょう。

噂によると、この手頃な価格の車のプロトタイプがすでに存在し、2021年後半にギガ上海ファクトリーで試作が開始されるとのことです。

EV愛好家でテスラ車のオーナーであるRay4Tesla/Twitterは、テスラの新モデルに関する興味深い情報を共有しました。信頼できる情報源からのリークとして、テスラが新型車のプロトタイプを完成させたとのことです。これにより、多くの部品サプライヤーが供給契約を結ぶために「列をなして」いると言われています。

2021年初頭、ギガ上海ファクトリーの拡張工事の開始に先立ち、テスラは臨港地区開発建設管理委員会から環境影響報告書の承認を受けました。このプロジェクトでは、重要な設備や製造プロセスのテストなど、既存の工場で新モデルの立ち上げや研究作業に関連するテストを実施します。資料によると、検証や部品・機能の調整など、テストサイクルは約6ヶ月とされています。

2021年1月初旬、テスラはすでに新車種を開発し間もなくギガ上海で生産を開始する準備が整っていると報じました。この手頃な価格のコンパクトカーは、2022年に生産・納車される予定で、モデル3のシャーシをベースにしており、生産開始のスピードアップと簡素化が図られる可能性があります。

この記事はこのサイトこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

「モデル2」なのか「モデルC」なのか分かりませんが、記事にあるように間違いなく「テスラによる手頃な価格の電気自動車の市場投入は、世界の自動車市場のさらなる発展を左右することになる」ものだと思います。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました