テスラ、スーパーチャージャーネットワーク今年中に他社に開放!

superchargerTESLA News

年初、テスラがスーパーチャージャーネットワークの大幅な拡大を計画している兆候がありました。そして年末には、テスラはスーパーチャージャーの拡大による恩恵を受けているかもしれません。

最近、イーロン・マスクは、テスラが2021年末までにスーパーチャージャー・ネットワークを他のEVSに開放する計画であることを確認しました。

TesLatino
多くの人が、なぜテスラが独自の充電コネクタを作ったのか、他の電気自動車にとって公平ではないのではないかと疑問を抱いているのはおかしいですね。
テスラのチームは複数のEVを充電するための信頼できる方法を作ったよね。

イーロン・マスク
当時はまだEV充電の標準規格がなく、テスラは長距離用の電気自動車しか作っていなかったので、独自のコネクターを作りました。低電力充電と高電力充電の両方に対応した、かなりスリムなコネクターです。とはいえ、今年の後半にはスーパーチャージャーネットワークを他のEVにも開放する予定です。

スーパーチャージャーネットワークの開設は、テスラにとってかなりの利益をもたらす可能性があります。マスク氏は、テスラのオーナー以外がスーパーチャージャーステーションで充電する場合の料金については言及しませんでしたが、それでもテスラにとってはもうひとつの収入源となるでしょう。

また、テスラ社が独自の充電コネクタを開発した理由についても説明しています。「当時は標準規格がなく、テスラが唯一の長距離電気自動車メーカーであったため、独自のコネクターを開発しました」とマスクは説明しています。

テスラのスーパーチャージャーネットワークは、ICE(内燃機関)から電気自動車への移行期に必要なもので、特にスーパーチャージャー導入当初は、電気自動車用の急速充電スタンドという概念は一般的ではありませんでした

この記事を書いている時点で、テスラは全世界で25,000台以上のスーパーチャージャーを設置しています。テスラ中国のスーパーチャージャーチームは、エベレスト山のベースキャンプまで続くステーションを建設しました。スーパーチャージャーV3は、充電の待ち時間を短縮し、わずか15分で200マイル(約320km)の航続距離を実現することができます。

テスラのスーパーチャージャー・ネットワークは世界各地に展開されており、テスラのオーナーはこのサービスを専用利用することができます。そのため、米国のElectrify Americaや欧州のIONITYネットワークなどの他の充電ネットワークと比較して、テスラは優位に立っているのが現状です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

イーロン・マスクが「今年の後半」と言っているということは、来年の夏頃に実現する感じですかね。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

tesla_bannar
https://www.tesla.com/jp/referral/seikai44555
※バナークリックで米国サイトが表示される場合は、サイト右上「Menu」から「Japan 日本語」を選択!

オンラインでの購入にぜひ無料特典の追加をお忘れなく!

タイトルとURLをコピーしました