テスラ、ウォール街の予想通り21年2Qに20万台の納入を突破?

model3-red TESLA News

テスラ(NASDAQ: TSLA)は、2021年第2四半期の納入台数が20万台を突破する可能性が高いと、ウォール街のアナリストは予想しています。半導体の不足はもはやそれほど大きな問題ではないようで、テスラは第1四半期にそれを証明済みです。また、モデルS Plaidとロングレンジの納入開始により、数千台が追加されることになります。

今日は第2四半期の最終日ですが、テスラはできるだけ多くのユーザーにクルマを届けることができるよう、積極的に納車を実施しています。これらの事はテスラ株主にとって非常に重要なことであり、おそらく納車実績で株主を喜ばせることになると予想されています。ウォールストリートのコンセンサスは、テスラが第2四半期に約201,000台の車両を納入するというものです。

Wedbush社のアナリストであるダン・アイブス氏は、Barron’s誌に対し、「我々は20万台が過小評価だと考えており、欧州と中国の需要が高まっていることから、現在は期待を超えると予想している」と述べています。同氏は、テスラの株式を「買い」と評価し、目標株価を1,000ドルとしています。

クレディ・スイスのアナリストであるダン・レヴィは、テスラの販売台数は20万5,000台から21万台になると考えています。「当社の予想では、6月にテスラの記録的な納車が必要となりますが、テスラのこれまでの典型的な四半期末の納車台数の傾向を考慮すると、これは実現可能な台数であると考えています」とLevy氏はレポートに書いています。これは、テスラが通常、四半期の最後の月に車両の大半を納入するという事実を考慮したものです。6月に11万5,000台を納車すれば、納車台数は20万5,000~21万台に達する可能性があります。レヴィ氏はTSLAの株式をホールドと評価し、目標株価を800ドルとしています。

model3-red

テスラは、半導体の供給不足やモデルSおよびモデルXの出荷開始の遅れなどの逆風にもかかわらず、第1四半期に18万5,000台のクルマを納車し、好調な業績を達成しました。これには事実上モデル3とモデルYの納入台数のみが含まれています。しかし、この第2四半期には、モデル3とモデルYの生産能力を増強するとともに、モデルS Plaidとロング・レンジの納入を開始しており、これも最終的な納入台数に大きな影響を与えることになります。

テスラの弱気筋で常にテスラを過小評価しているにもかかわらず、GLJのアナリストであるゴードン・ジョンソン氏でさえ、納入台数を約19万3,000台と見積もっています。同氏は現在、テスラ株を「売り」と評価し、目標価格をなんと67ドルとしています。 ジョンソン氏は2021年の納車台数を約80万台と予想していますが、ウォールストリートのコンセンサスでは83万台から86万5千台と予想されています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

このブログがアップされている頃にはテスラから発表があるタイミングですかね。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました