ピュアビジョン方式 テスラモデル3 最高の安全性評価を再取得!

tesla-model3-whiteTESLA News

テスラは、以前「モデル3」および「モデルY」向けにテスラ・ビジョンの展開を開始した際に、短期の間、ピュアビジョン・オートパイロット搭載車は、一部の機能を一時的に制限または停止した状態で納入される可能性があることを発表していました。これらの機能の中には、「スマートサモン」と「緊急時の車線逸脱防止機能」が含まれていました。また、オートステアリングは、最高速度が時速75マイルに制限され、最小追従距離も長くなっていました。

ピュアビジョン方式でも安全

今回、テスラ・ビジョン搭載車であってもこれらの制限が解除されています。テスラのオーナーがオンラインで共有した情報によると、現在展開中のソフトウェア・アップデート2021.4.18.10により、ピュア・ビジョン搭載車にスマートサモンと緊急車線逸脱防止機能制限が解除されているようです。また、オートスティアの最大速度制限についても80mph(約129km/h)に引き上げられました。

興味深いことに、これらの改善は、アップデートが開始された直後にイーロン・マスク氏がTwitterで言及したものです。このアップデートは、テスラ・ビジョンを搭載したモデルYが納車されたオーナーが、このクルマの運転支援システムがその性能を発揮していることを指摘したことを受けて、CEOが示唆したものです。また、テスラ・ビジョンの最高速度制限(75mph)は、結果的に不要となった予防措置であるともマスク氏は述べています。

tesla-model3-white

テスラのピュアビジョン方式のモデル3およびモデルYについて、NHTSA(米国道路交通安全局)は、テスラがそれまでの標準装備である前方衝突警報(FCW)、車線逸脱警報(LDW)、および2つの自動緊急ブレーキ(AEB)の機能を廃止したとしていました。このNHTSAの発表を受けて、米国道路安全保険協会(IIHS)は、モデル3を「トップセーフティピック+」のリストから一時的に削除しました。

モデル3、IIHSの「トップセーフティピック+」を獲得

ピュアビジョン・オートパイロットを搭載した2021年型テスラモデル3は、米国道路安全保険協会(IIHS)の「トップセーフティピック+」を獲得しました。今回のアップデートは、テスラのオートパイロットと完全自動運転システムに対するカメラに頼る全く新しいアプローチが、これまでのレーダーによるアプローチと同様に、あるいはそれ以上に優れているという証左であると受け止められます。

IIHSの「トップセーフティピック+」評価は、同機関の最高の安全性評価です。同機関がTwitterで発表したとおり、2021年モデル3の新しいカメラベースの前面衝突防止システムについて、必要なテストを完了し、今のところ、その結果はエントリーレベルのセダンとして非常に素晴らしい評価となっています。

IIHSの公式サイトに掲載されている2021年モデル3のページを見ると、前面衝突防止性能が最高ランクと評価されています。またIIHSは、モデル3が時速12マイル(約19km/h)と時速25マイル(約40km/h)の両方のテストで他の車両との衝突を回避できたことを指摘しています。この結果を受けて、モデル3に搭載されているカメラ式自動緊急ブレーキ(AEB)システムは「優」の評価を獲得しました。

IIHSによるテスラモデル3の安全性評価の更新は、イーロン・マスク氏が自動運転の取り組みをカメラのみのアプローチに変更したことが賢明な判断であったことを示唆しています。

IIHSの「トップセーフティピックプラス賞」は、その高い基準を考えれば、決して簡単に獲得できる評価ではありません。トップセーフティピックプラスに選ばれるためには、運転席側のスモールオーバーラップフロント、モデレートオーバーラップフロント、サイド、ルーフストレングス、ヘッドレストの各テストで 「Good」を獲得する必要があります。また、ヘッドライトの評価も「Good」でなければなりません。初期のテスラモデルSやシボレーボルトのように、ヘッドライトが非常に明るい車でも、明るすぎるという理由で「不良」の評価を受けていることを考えると、この評価基準は非常に難しいと言えます。

モデル3 コンシューマー・レポート誌でも最高評価獲得

米国道路安全保険協会(IIHS)が、ピュアビジョン・オートパイロットを搭載した2021年型テスラ「モデル3」に「トップ・セーフティ・ピック・プラス」の評価を与えたことを受けて、コンシューマー・レポート誌は、このエントリーレベルのセダンに対する「トップ・ピック」の評価を復活させることを決定しました。これは、同誌が公式サイトで明らかにしたことです。

コンシューマー・レポート社の自動車テストセンターのシニアディレクターであるジェイク・フィッシャー氏は、IIHSが更新した結果を受けて、同誌がモデル3への推薦を復活させていることもあると指摘していました。IIHSは、モデル3のカメラを使ったピュアビジョン方式の自動緊急ブレーキ(AEB)と前方衝突警報(FCW)システムの安全テストを実施し、その結果は良好なものでした。

「テスラのモデル3に搭載されたカメラベースの新システムに対するIIHSの最近の評価と、IIHSの評価をCRの推奨項目に統合していることを考慮して、コンシューマー・リポートは同車のトップピックの地位を回復します」

テスラにとって幸運だったのは、ピュアビジョンの試みが功を奏したことです。結局のところ、IIHSに評価を受けるには多くの対応が必要ですが、IIHSはモデル3が備えているピュア・ビジョン・システムの安全性能を十分評価しているようです。今後、テスラが車両からより多くの実走行データを収集することで、カメラのみのアプローチに移行しても、テスラの安全性に対する評価を維持できることは間違いなさそうです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

レーダーがなくても大丈夫っていうお墨付きですね。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

tesla_bannar
https://www.tesla.com/jp/referral/seikai44555
※バナークリックで米国サイトが表示される場合は、サイト右上「Menu」から「Japan 日本語」を選択!

オンラインでの購入にぜひ無料特典の追加をお忘れなく!

タイトルとURLをコピーしました