テスラ、中国でオートパイロットに関するリコール?

tesla-recall TESLA News

テスラは、安全性を常に優先しています。テスラ社は、オートパイロットソフトウェアの信頼性を向上させるために、中国の285,520台の車両に対して、運転の安全性を向上させる新しいソフトウェア・アップデートを行うことを顧客と規制当局に通知しました。しかし、多数のメディアが、「オートパイロットの問題による中国製テスラ車数十万台のリコール」を発表するという注目を集める見出しを相次いで掲載しました。

tesla-recall

テスラは毎度のことながらまたしても、メディアによる意図的な情報操作に直面しました。ここでは、読者を誤解させるような注目度の高い見出しを紹介します。

有名メディアはもちろんのこと、他の何百ものメディアも、それぞれの見出しで同じことを声高に主張しています。オートパイロットに問題があるため、車をリコールして修理しなければならないとし、問題が解決するまで所有者は車を使用できないとしています。実際には、状況は見出しに書かれていることとは全く異なります

この問題の核心は、テスラが車のオートパイロットに関するソフトウェアに非常に小さな変更を加えることを決定したことにあります。このアップデートで実装される追加機能は、トラフィック・アウェア・クルーズ・コントロールを誤って作動させてしまった場合、ドライバーに警告を発するために警告音を追加するというものです。
現時点では、中国で生産された28万5,520台のモデル3とモデルYについてのみ、中国の規制当局が発表しています。注目すべきは、中国の規制当局による公式発表の前に、同社がソフトウェア・アップデートの通知を顧客に開始したことです。つまり実際には、テスラは単に自社のクルマに便利な機能を追加するソフトウェア・アップデートをリリースするだけなのですが、これを多くのメディアでは「オートパイロット問題に関するリコール」と報道しているのです。
テスラのオーナーは、アップデートが適用されようがされまいが通常のアップデートと同様に、安全に車を使い続けることができるということです。

なお、クルーズコントロール作動時の警告音は、他のメーカーの車には存在しませんが、当然のことながら、これはメディアでは話題になりません。つまりこの状況は、端的にテスラに関するメディアの状況がいかに不条理であるかを示すものです。メーカーが車両の改良を決定した後、それ自体は非常にポジティブなニュースなのに、メディアはその情報をネガティブなニュースになるように表現しているのです。メディアが自分たちの利益のために自分たちの意見を操作することがあることに、皆さんは注意してください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

日本でも同様の報道がされていますが、このエントリーでご紹介したように、オートパイロットの共同が怪しいので、それはそれで修正してもらいたいものです。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました