テスラ中国、スーパーチャージャーネットワークを拡大中!

tesla-solar-supercharger-lhasa TESLA News

最近のニュースによりますと、テスラは中国国内でスーパーチャージャーに関する新しい取り組みを2件発表しています。その一つは、かつてシルクロードと呼ばれた交易路に27基ものスーパーチャージャーを設置したこと、もう一つはチベットのラサにテスラの求める究極的な姿である太陽光発電+パワーウォール+スーパーチャージャーという施設を開設したことです。今回はこの2つのニュースをご紹介します。

中国で最長のスーパーチャージャー・ルートを開設

テスラのスーパーチャージャーは、常に同社の強力な競争力の源泉となっています。テスラは、27基のスーパーチャージャーネットワークで構成される、中国の東西シルクロードを結ぶ全長3,100マイルにも及ぶ最長ルートを公開しました。

テスラ中国は、9つの都市にまたがるこの新ルートのビデオを公開しました。舟山、三門峡、西安、天水、樟葉、杉山、薄、伯楽、ホルゴスの9つの都市にまたがり、東海岸と西のカザフスタンとの国境を結んでいます。実はこのルートは、かつてシルクロードと呼ばれた貿易ルートと同じものです。

このビデオでは、テスラのオーナーが車で訪れることのできる美しく絵になる場所を紹介しています。このルートには27基のスーパーチャージャーが設置されており、テスラ車はいつでも充電しながら移動することができます。スーパーチャージャーは60~186マイル(約160〜299km)ごとに設置されており、テスラのオーナーは常に充電できるという安心感を得ることができます。電気自動車の普及には、幅広い充電ステーションのネットワークが欠かせません。

中国はテスラにとって最大の市場の一つであるため、同社は積極的に充電ステーションを建設しています。現在までに、全世界のスーパーチャージャーの28%が中国に設置されており、これは米国よりも10%少ないだけです。中国政府は国民の電気自動車への移行を積極的に支援しており、同社の車はますます人気を集めています。

チベットに太陽電池式スーパーチャージャーを設置

テスラ中国は、先日、チベット自治区の行政首都であるラサに太陽光発電によるスーパーチャージャー施設を開設したことを発表しました。年間日照時間が3,000時間を超えることで知られるラサは、テスラにとって、ソーラーパネルを搭載したキャノピーと蓄電用のテスラパワーウォールを備えたスーパーチャージャー施設を備えるのに理想的な場所でした。

今回の発表は、テスラ中国の充電チームが、ラサに設置された新しいスーパーチャージャーの詳細と写真を公開したものです。

テスラ充電チームのWeiboアカウントは、「テスラの太陽光発電+充電統合型スーパーチャージングステーションが本日ラサで正式に完成しました」とコメントしています。「年間平均3,000時間以上の太陽光による自然の恵みを効率的に利用し、新しい環境に優しい旅行や低炭素の生活を構築するのに役立ちます。ぜひ、イベント会場を覗いてみてください。一緒にもっとピュアな未来を目指しましょう」とコメントしています。

ラサの気候は、太陽電池式のスーパーチャージャーが非常に効果的であることを示す好例のひとつです。ラサは標高1万1,900フィート(3,656メートル)の高地にあるため、この狭い地域に常に太陽の光が降り注いでいます。気候は半乾燥気候で、冬は霜が降り、夏は穏やかで、盆地地形のため、激しい寒さや暑さ、強風からラサを守ることができます。1年のうち、どの月も少なくとも平均53%の確率で日が照っており、最も晴れの日の多い11月では84%の確率で日が照っています。晴天の日が非常に多いことから、この地域に住むチベット人からは「太陽の街」と呼ばれています。

もちろん、世界で最も美しく晴れた場所でも、太陽が出ない日や週があります。そのため、ラサの太陽光発電型スーパーチャージャーには、テスラの蓄電システムである「パワーウォール」が複数台設置されています。パワーウォールは、太陽光がスーパーチャージャーに供給されない天候不順や夜間に備えて、余ったエネルギーを蓄えておくためのものです。このパワーウォールにより、曇りの日や夜間に充電が必要なドライバーの不安を解消することができます。

テスラのスーパーチャージャーは、今後、これまでより一層太陽光発電を利用したインフラに方向転換し始める可能性があります。もともと、スーパーチャージャーを太陽光発電とバッテリーストレージシステムで駆動させることは、計画の一部となっていました。4年前、テスラのCEOであるイーロン・マスクは、「すべてのスーパーチャージャーは、太陽光・バッテリー発電に変換されます。将来的には、ほぼすべてのスーパーチャージャーが電力網から切り離されます」とツイートしています。
さらに、マスク氏は2019年末、カリフォルニア州で広範囲の停電が発生していたときに、さらに安心感を与えるための以下のツイートもしています。

シルクロードやラサのものも含めて、テスラは中国におけるスーパーチャージャーの設置を拡大してきました。先週、Teslaは中国国内で合計840カ所以上のスーパーチャージャーを設置したことを発表しています。

この記事はこのサイトこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

中国国内840ヵ所とは確かに国土は広いですが、圧倒的な数ですね。早く日本国内もこうなってほしいものです。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました