テスラモデル3SR+、英国で補助金無しでも第2四半期完売!

model3-uk TESLA News

テスラ・モデル3スタンダードレンジ・プラスは、イギリス(英国)において、第2四半期終了の数週間前に完売しました。

英国におけるテスラの在庫一覧ページでは、モデル3のロングレンジとパフォーマンスのみが販売されています。同社の英国コンフィギュレーターによると、どの種類のモデル3を注文したお客様も、現在は8月の納品予定となっています。

関係者によると、モデル3 SR+は、第2四半期終了のほぼ2週間前の6月17日にはすでに完売していたとのことです。この関係者は、テスラが第2四半期の英国でのモデル3の需要を過小評価したのは、第1四半期末の3月頃に電気自動車に対する奨励金が3,000ポンド(約46.5万円)から2,500ポンド(約38.7万円)に下がったためではないかと推測しています。また、同時に英国政府は、補助金対象車の価格上限を5万ポンド(約775万円)から3万5000ポンド(約542万円)に引き下げました。

セレクト・カー・リースの調査によると、英国のEV購入補助金はヨーロッパで最も低く、14位となっています。ヨーロッパで最もEV購入補助金が高いのはエストニアで、15,500ポンド(約240万円)です。2位はドイツで、7,750ポンド(約120万円)です

欧州各国の電気自動車購入に際しての最大補助金 Credit: Select Car Leasing

40,990ポンド(635万円)という価格設定のモデル3 SR+は、英国の電気自動車補助金の対象外です。

スタンダード・レンジプラスが英国で完売しているということは、補助金の対象ではないにもかかわらず、同国におけるテスラモデル3の強い需要を示しています。また、テスラモデル3の強い需要は、英国のユーザーが電気自動車やプラグインカーへのニーズが高まっていることを示唆しており、購入にそれほどの補助金が必要ないかもしれません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

同じ右ハンドルの日本市場も影響しているのだと思いますが、英国は635万円と結構お高いですね。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました