テスラモデルS Plaid、EPAから燃費評価取得と脅威のスピード!

2021-Tesla-Model-S-Plaid-6TESLA News
www.motortrend.com

先日、米国カリフォルニア州フリーモント工場で、イーロン・マスク自らがこのクルマに載って登場し一般向けに納車が始まったテスラモデルS Plaidですが、EPA(米国環境保護庁)から正式な航続距離と電費評価を受けました。また、米国のモーター紙MoterTrendでのテストでは、テスラ公式よりも速い結果が?とのことですので、合わせてご紹介します。

テスラモデルS Plaid EPA(米国環境保護庁)の評価取得

テスラの新型モデルS Plaidが、ついに米国環境保護庁(EPA)のウェブサイトに掲載されました。このモデルは、電気自動車としての航続距離が348マイル(560km)で、MPGe(Mile Per Galon equivalency)が101(43km/L)という驚異的な数値を記録しています。EPAのウェブサイトでは、2インチホイールが誤って掲載されていますが、これは21インチのアラクニッドホイールに対する評価であり、他の選択肢は19インチのテンペストホイールのみであることから、この評価は間違いありません。

テスラは、2019年末にこの3モーターのフラッグシップセダンをドイツのニュルブルクリンクに持ち込んで、そこから2年近くこのモデルS Plaidについて練り上げてきました。ここまで来るのに改良や調整のために数か月間遅れていましたが、6月10日にテスラのフリーモント工場で行われた専用のデリバリーイベントで、ようやく顧客に届けられたとイーロン・マスクCEOがイベントに登場して自ら語りました。

モデルS Plaidの納車が開始された今、EPA(米国環境保護庁)が同車の評価を発表しています。この評価は、イベント当日にモデルS Plaidに貼られていたMonroneyステッカー(訳注:米国で自動車に貼ることが義務付けられているラベル)に記載されていた評価とは大きく異なります。ステッカーには、市街地124km、高速115kmの平均値である120MPGeと記載されていました。この数字は、テスラが現在販売しているラインナップの中で最も優れた405マイルの電気自動車としての航続距離を持つ、2021年モデルSロングレンジのMonroneyステッカーと同じです。

Credit: EPA

EPA(米国環境保護庁)によると、モデルS Plaidの航続距離は348マイル(560km)とされており、この車の世界レベルの性能を考えると、非常に素晴らしい数字です。モデルS Plaidは最近、世界最速の1/4マイルドラッグレースの記録を更新し、それまで王座に就いていたBugatti Chiron Sportを上回る9.4秒、最高速度158MPH(254km/h)を記録しました。

モデルS Plaidの性能は自動車工学の驚異であり、その素晴らしいスペックにはいくつかの理由があります。まず、テスラが採用しているクラス最高のバッテリーセルのおかげで、他のEVメーカーが提供できないほどの航続距離、パワー、パフォーマンスを実現しています。また、テスラは空力に力を入れており、その結果、モデルS Plaidは地球上のあらゆる車両の中で最も優れた抗力係数を実現しています。係数0.208は、これまでLucid Airが記録していた0.21を上回るものです。

モデルS Plaidは現在、テスラの米国ウェブサイトで129,990ドルで販売されており、0-60 MPH加速が1.99秒という驚異的な速さを実現していますが、(次に示すように)実際にはもっと速いという声もあります。納期については、注文者は数週間以上待つことはないと思われます。テスラはまだ納期を6月としていますが、月の終わりに近づいているため、今後は変更される可能性もあります。

モデルS Plaid 実物はもっと速い?

テスラモデルS Plaidの0-60MPHのタイムは、同社のウェブサイトには1.99秒と記載されていますが、この数字がネット上で公開されて以来、自動車の批評家たちが疑心暗鬼になっていました。4ドアのファミリーセダンに豪華なハイテク機能が満載されているという発想は、これまでの常識を覆す異質なものだからです。しかし、MotorTrendが最近行ったテストでは、Model S Plaidは0-60 mphのタイムが記載されている数値よりも速く、高速道路ではわずか1.98秒で到達しました。

もちろん、モデルS Plaidがこの偉業を成し遂げるためには、多くの条件が揃わなければなりません。テスラは、モデルS Plaidの0-60 mphテストを、VHTで処理された路面でのみ行うことを要求しました。このVHTとは、ドラッグレースにおいて、車のタイヤのトラクションを高めるために使用される合成樹脂の舗装のことです。トラクションが高まるとグリップ力が増し、発進時に最適な加速が得られるようになります。MotorTrendによると、テスラはModel S PlaidをVHT処理した路面でテストすることに固執していたといいます。

https://www.motortrend.com/cars/tesla/model-s/2021/2022-tesla-model-s-plaid-first-test-review/?galleryimageid=2534726

このMotorTrendの記事によると、MotorTrend社のチームは、テスラの要求を受け入れ、翌日にフォンタナのテストコースでテストを行うことを条件にしました。これにより、MotorTrend社はモデルS Plaidを、同社の条件と、過去にレビューした他の車両と同じ条件でテストすることができるようになりました。そして、テスラモデルS Plaidのローンチテストが検証されました。

このテストの結果、なんとテスラモデルS Plaidの0-60mph加速はわずか1.98秒で、公式サイトに掲載されている同社の数値よりも速い結果となりました。1/4マイル走行は9.25秒、時速152.6マイルで達成され、事実上、これまでMotorTrendがテストした市販車の中で最も速い車となりました。モデルS Plaid以前の最速記録は、テスラのモデルS P100D Ludicrous+で、時速2.28秒でした。1/4マイルの最速記録は、2015年にフェラーリの「LaFerrari」が達成したもので、時速148.5マイル、9.74秒でした。

この2つの記録は、モデルS Plaidによって打ち破られました。しかも、時速200マイルを可能にするタイヤや、専用の “トラックパッケージ “による改良がまだ施されていない状態での記録です。

とはいえ、この数値はテスラが特別に設定した条件で達成されたものです。MotorTrend社が後に行った、VHTを使用しないテストコースでのテストでは、0-60mph加速が2.07秒でした。これは、従来の記録よりも0.2秒以上速く、VHTで準備された路面とは0.09秒の違いしかありませんでした。記事の中ではでは、この普通のテストコースでモデルS Plaidの1/4マイルのタイムを確認することはできませんでしたが、計算上では9.34秒、152.2mphで走行できることになります。

これは、13万ドルより安い価格で販売されている車としては、決して悪い数字ではありません。

この記事はこのサイトこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

ちなみに、このサイトによると、EPA基準はWLCTの89%、JC08に至っては75%の数字になるとのことで、より実際の航続距離に近い数字なのだと思います。テスラのサイトを確認すると、日本での納車は2022年末、と大分先ですね‥‥‥。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

tesla_bannar
https://www.tesla.com/jp/referral/seikai44555
※バナークリックで米国サイトが表示される場合は、サイト右上「Menu」から「Japan 日本語」を選択!

オンラインでの購入にぜひ無料特典の追加をお忘れなく!

タイトルとURLをコピーしました