テスラ中国の法務部門、同社に対する偽装の情報に警告

tesla-china-2TESLA News

テスラ中国は、同社の法務部門の協力を得て、同社に関する虚偽の主張に対する戦いを開始しはじめました。虚偽の情報を掲載したブロガーは、世間を欺いていたことを公に認めなければ、訴訟を起こすと警告されました。

中国のブロガーによると、テスラは、テスラや自動車に関する虚偽のネガティブな内容を投稿すると、法的措置を取ると警告したと、フィナンシャル・タイムズ紙が報じています。6月、中国の同社は法務部門専用にWeiboアカウントを開設しました。一部のユーザーは、このアカウントから名誉毀損訴訟を警告するプライベートメッセージが送られてきたと主張しています。

1_6886afbb-d453-4f2b-8d85-aff7db15319b_1800x

テスラのこの方針は、ここ数カ月でかなり盛んになってきた自社に対する虚偽の告発に対抗することを目的としています。ブロガーが法律を破ることを厭わず、同社を不当に非難している真の理由はわかりませんが、この類の話題に関する記事や動画が注目を集めていることは推測できます。これは、自分のウェブサイトやソーシャルメディアのページへのアクセス数の増加に直結し、彼らにとっては利益になります。このような不道徳な行為が追求されるようになったことで、不誠実な人たちが公衆を欺くことをやめるようになるはずです。

現時点では、テスラ車に存在しない問題について言及した動画について、すでに複数の人が謝罪文を投稿しています。また彼らが同社から法的警告を受けたことも確認しています。このような法的警告は、名誉毀損法に基づいて、反論、謝罪、賠償を求められることが多いため、できるだけ早く罪を認めて訂正する方が賢明です。

アカウント「瑞風汽車」は、5月下旬に投稿した動画で、「テスラの新車のブレーキがショールームを出る前から壊れていた」と主張し、嘘をついたことを認めました。この告白では、自分が行った主張は「事実無根」であることを認めています。

4月の上海モーターショーで抗議し、自分の車のブレーキが故障したと主張した女性も、自分の行動が「極端」であったことを認めています。彼女の父親が運転するモデル3が事故を起こしたことに関して、警察は、このクルマが速度超過で、前のクルマと安全な距離を保っていなかったと判断しました。また、テスラは車のデータを公開し、ブレーキを含む車のすべてのシステムが正常に機能していることを確認しました。

さらに、他の複数のブロガーがテスラ社に対して謝罪の声明を発表しています。現時点では、同社はソフトな対応をとっており、虚偽の発言をした者が謝罪し罪を認めることを認めて、法的な措置はとっていません。この手のブロガーが今回のテスラの動きに対して裁判を起こさないということは、テスラに関して自分たちが悪いことをしたことを知っているということです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

やはり、「炎上系の情報」のほうがアクセスが稼ぎやすいからですね。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

tesla_bannar
https://www.tesla.com/jp/referral/seikai44555
※バナークリックで米国サイトが表示される場合は、サイト右上「Menu」から「Japan 日本語」を選択!

オンラインでの購入にぜひ無料特典の追加をお忘れなく!

タイトルとURLをコピーしました