テスラ、Luminar社のLiDARセンサーをテスト?

tesla-lidar TESLA News
この記事は約3分で読めます。

レーザーセンサーを使わずに完全な自動運転車を開発できるとボスのイーロン・マスクCEOが語るテスラは、テストと改良のためにLuminar Technologies Inc.のセンサーを使用する契約を結んでいると、関係者は語っています。

木曜日にツイッターに投稿されたテスラモデルYのルーフラックにLiDARセンサーが取り付けられている写真は、両社が協力しているという仮説を裏付けし、Luminar社の株価はその日に10%以上上昇しました。LiDARセンサーを搭載したテスラの写真は以前にもソーシャルメディア上に掲載されていましたが、テスラとLuminarの間にどのような関係があるのかはこれまで不明でした。

Luminar社がテスラ社にモデルYに搭載されているセンサーを提供したのは、両社間の和解の一環であると、数人の関係者が述べています。ただし、この情報は非公開であるため「匿名」とのことです。また、ブルームバーグ・ニュースがカリフォルニア州自動車局に確認したところ、撮影された車の生産者のナンバープレートからテスラのものであることを確認しました。このナンバープレートは、近日発売予定のサイバートラックのプロトタイプなど、他のテスラ車にも取り付けられています。

Luminar社の株式は月曜日の早い段階で売買され、素早く上昇しました。Luminar社のコンサルタントはコメントを控えています。また、ブルームバーグが問い合わせた複数のテスラ幹部は、発言を求められてもノーコメントのことです。加えてテスラはメディア対応部門を解散しています。

このセンサーを搭載したモデルYは、フロリダ州パームビーチで木曜日の午前8時頃に発見されました。この地域に住む自律走行自動車業界のマニアであるGrayson Brulte氏によって目撃されましたが、彼がツイッターに投稿した画像は、マスクCEOが、反対派が採用しているレーダーやレーザーセンサーを使う可能性を示しているのではないかという仮説を市場に広めました。

Luminar社の株式は、ニューヨークの深夜の売買では、9.8%もの買い戻しが行われ、1.4%増の21.71ドルとなりました。5月20日、Luminar社の株価は3週間ぶりに上昇し、同社のティッカーイメージであるLAZRは、同社がテスラにセンサーセットを提供したという仮説のもと、Twitterで広く共有されました。

Guidehouse Insights社のアナリストであるSam Abuelsamid氏は、「実際にはLuminar社のライダーを使って、カメラベースのFSDシステムを検証するというシナリオの方が可能性が高い」と述べています。

Abuelsamid氏はインタビューで、「より可能性の高いシナリオは、カメラベースのFSDシステムを検証するためにLuminarのLiDARを使用していることです」と述べています。
もしイーロン・マスクがそのような方針変更を行った場合、事実上、テスラの全車両が廃止されることになります。彼らは100万台の車両を改造するつもりはありません

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

まず、間違いなくLiDARを使うことは無いと思います。恐らくこれは検証用でしょう。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました