インテルAtom搭載のテスラ車、スプリングアップデートで新しいビジュアライゼーションが一部対応へ

new-visualization-intel-atom TESLA News
callmeKuRue/X
スポンサーリンク

テスラは先月、スプリングアップデート、バージョン2024.14にビジュアルアップデートが含まれることを発表しましたが、それはAMD Ryzenプロセッサーを搭載したモデル3およびモデルYに限定されるとのことでした。

テスラは徐々にアップデート2024.14の配布を開始しましたが、昨夜まではRyzenプロセッサ搭載車のみが対象でした。

現在、一世代前のインテルAtomプロセッサを搭載した車両でも、ソフトウェアアップデート2024.14を初めて見ることができます。

ビジュアルアップデート

テスラによると、インテル製インフォテインメント・ユニットを搭載した車両では、ビジュアル・アップデートのいずれも利用できないとのことでしたが、これらの車両にも機能の一部が提供されるようです。

ビジュアル・アップデートには以下の4つの項目があります。

  • 駐車中の新しい没入型フルスクリーンビジュアライゼーション
  • レイアウトが改善され、より多くのコントロールと新しい最小化状態を含む新しいメディアプレーヤー
  • 拡張可能なオートパイロットのビジュアライゼーション
  • インテル車には適用されませんが、オートシフトのための車のための再設計され、よりコンパクトなドライブモードストリップ

新しい駐車ビジュアライゼーション

これは、おそらく最大の特徴です。残念ながら、MCU 2(インテルAtom)搭載車では利用できません…少なくとも現時点では。

テスラは、この新しいビジュアライゼーションを作成するために、より高解像度の3Dモデルまたは異なるシェーダーを使用しているようです。これが、より高速なAMD Ryzenプロセッサーにのみ開放している理由かもしれません。しかし、テスラがインテルAtomプロセッサに最適化するか、古いプロセッサに適した別のモデルを使用するには、時間がかかるだけかもしれません。

モデルSとモデルXも、現時点ではこの新しい駐車ビジュアライゼーションは対応していません。モデルSとモデルXはビジュアライゼーションにインストルメントクラスターを使用していますが、新しい駐車ビジュアライゼーションの魅力を考えると、将来的にモデルS/Xでも利用できるようになっても不思議ではありません。

モデルS/Xのようなインストルメントクラスターは搭載されていませんが、サイバートラックはすでに新しい駐車ビジュアライゼーションを採用しています。

新しいメディアプレーヤー

追加のコントロールを公開し、新しい最小化状態を持つ改良されたメディアプレーヤーは、インテルプロセッサ搭載車に現れます。

テスラは、新しいオーディオプレーヤーをAMD Ryzen車専用のビジュアルアップデートの一部として含めましたが、インテルの新しいメディアプレーヤーは、AMD車とまったく同じように見え、機能します。新しいメディアプレーヤーをまだご覧になっていない方は、テスラの新しいオーディオプレーヤーの詳細を見てください。

拡張可能なオートパイロットのビジュアライゼーション

拡張可能な新しいオートパイロットのビジュアライゼーションは、インテル車でも利用可能です。テスラFSDのユーザーはすでにフルスクリーンのビジュアライゼーションを使用していましたが、テスラは追加機能を提供します。これには、新しいメディアプレーヤー、「Navigate to」モジュール、画面の隅に表示されるマッププレビューなど、AMD車に搭載されているすべての機能が含まれます。

FSDを搭載していないオーナーにとっては、オートパイロットに初めてフルスクリーンのビジュアライゼーションがもたらされます。フルスクリーンのビジュアライゼーションは、欧州と同じように表示され、機能します。これには、すべての新しいコントロール、改善された車両検出、および方向指示器を表示する機能が含まれますが、縁石や走行可能な領域を含む、FSDが行うすべてのものを表示することはできません。

インテルAtom車は、FSDを搭載し、米国またはカナダにいる場合にのみ、このフルスクリーンのビジュアライゼーションが利用できます。FSD を搭載していない、AMD プロセッサを搭載した他の車両ではこの機能が提供されているため、なぜ FSD を搭載していないとフルスクリーンビジュアライゼーションオプションが利用できないのかは不明です。これは、今後のアップデートで修正されることを期待しています。

その他のアップデート

インテルベースの車両は、期待されたすべてのビジュアルアップデートを受け取っていませんが、オーディブル、セントリーモードプレビュー、トリッププログレスバー、スポティファイ改善、より良いルート利用可能など、アップデート2024.14の他の機能の多くが利用可能です。

今回のアップデートは、スプリングアップデートの最も魅力的な部分をインテル車にもたらすものではありませんが、予想以上のものをもたらします。

新しい駐車ビジュアライゼーションは、最もエキサイティングですが、間違いなく新しいアップデートの最も有用でない側面です。それは美しく、遊んで楽しいですが、最も使用されるコントロールへのクイックアクセスを特徴とする新しいメディアプレーヤーは、はるかに有用な機能追加です。

フルスクリーンのドライビングビジュアライゼーションが改善され、隅にマップが表示されるようになったのもいい追加要素です。

今回のアップデートでは、古い車で利用できる新しい駐車ビジュアライゼーションは見られませんが、テスラがより遅いインテルプロセッサー向けに最適化する機会があれば、後で現れるかもしれません。

テスラの新しいスプリング・アップデートをまだチェックしていない方は、テスラの2024.14.アップデートのベスト機能を以下のリンクでご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました