中国のEVメーカー・ジーカーが米国で株式公開、しかし米国でのEV販売は不透明

zeekr-01 TESLA News
Credit:Zeekr
スポンサーリンク

ウォール街で大々的にデビューした中国吉利グループの売れっ子新参者がアメリカへ

評価額50億ドル以上で上場

ポールスターやボルボを所有する杭州の吉利(ジーリー)汽車は、ブランドが多すぎます。しかし最近、特に目立っているのがこのブランド、ジーカーです。今朝、ジーカーは1株21ドル、推定評価額50億ドル以上で正式に米国証券取引所に上場しました。正式に取引が開始されてから数分も経たないうちに、そしてローワーマンハッタン全体が見渡せるようにジーカーEVが屋外に駐車される中、株価は27ドル近くに達し、会社の評価額を70億ドルに押し上げました。

TSLA ZK

北京モーターショーでの力の誇示と、その日のうちにニュースになる中国製EVへの関税取り締まりの直後だけに、これはかなりの力の誇示でした。吉利にとっても、ジーカーブランドにとっても、中国にとっても、そして電動化の戦い全体にとっても、何が起きた日だったのでしょう。

今年最も話題のEV IPO

もちろん、EV新興企業、あるいは吉利関連ブランドとして初めて株式公開したわけではありません。このIPOは、最近の他のIPOと同じように、失敗に終わるのでしょうか?また、EV市場は渇望しているものの不透明であるため、このIPOが何を意味するのでしょうか?

実際にははっきりしません。市場が閉まるまでは、何も明らかではありません。

2022年のIPO以来、ポールスターはほとんど何もせず、沈没しています。ジーカーに今回はどう違うのか尋ねましたが、ジーカーの担当者はコメントを拒否しました。

それでも、少し注意を払うだけで、私たちは多くのことを学ぶことができます。ジーカーを他のあまり良くない新規上場企業と比較してみましょう。ジーカーは、ロータスやポールスターといったブランドを上場させた他の特別目的買収会社(SPAC)よりも少し安全かもしれません。また、株式公開直後に頓挫したもう一つのIPOであるベトナムの新興EVメーカー・ビンファストよりも、かなり良い状況です。(また、SPACで上場したほぼすべての企業が、自動車であろうとなかろうと、岩のように沈んでいることも述べておきます。)

しかし、ひとつ確かなことがあります。ジーカーは現在、中国とその先で注目すべきEVブランドです。すでにメキシコと欧州に進出しており、次は米国を視野に入れているかもしれません。TechCrunchはすでにジーカーを「今年最も話題のEV IPO」と呼んでいます。

市場での位置づけとしては、ジーカーはアキュラやアウディに匹敵する高級車やプレミアムセグメントを占めています。ジーカーは、スカンジナビア風のミニマリストをモチーフにポルシェ購入者を狙っているポールスターより(理論的には)下の市場です。ポールスターはスポーティなボルボのようなもので、ジーカーはエクステリアとインテリアの装飾に重点を置く傾向があります。ポールスターもジーカーも、デザインワークのほとんどを吉利のスウェーデン、ヨーテボリのスタジオで行っているのですから。

Credit:Zeekr

しかし、ポールスターが販売台数に苦戦している一方で、ジーカーは一貫して成長を続けています。その成功の一因は、ポールスターが長い間ポールスター2セダンのみに頼ってきた後、さらに2台のクロスオーバーを追加しようとしているところであるのに対し、電気セダン、SUV、ワゴン、そしてバンまで、はるかに充実したラインナップを提供していることです。

2024年3月のジーカーは前年比117%増。また、より多くの国際市場に進出する一方で、230,000台以上を納車しています。昨年、ジーカーは118,685台を納車しましたが、ポールスターは54,600台にとどまりました。これは、ジーカーがポールスターを2対1以上の比率で上回ったことを意味し、中国のEV市場が価格面で底値争いを繰り広げている中で、この数字を上回ったのです。

もちろん、多くのEV新興企業と同様、ジーカーはまだ利益を出していません。しかし、ジーカーの代表は、2024年末までに黒字化する予定だと述べています。

ジーカーは、特にアメリカ人にとっては興味深いメーカーです。このブランドは、単なる高額な電気自動車アウディの競争相手というよりも重要な存在です。ポールスターやボルボを含め、以前は吉利自動車のブランド全体で使われていたエンジニアリングやソフトウェアの多くを担っています。ポールスター4は、ジーカー001と同じメカニカル・ビットを使用しています。しかし、ジーカーが舞台裏で多くの仕事をしているからといって、それが自動的に米国にやってくるとは限りません。

米国での自動車販売

ジーカーのテクノロジーはMビジョンと呼ばれるウェイモの自動運転車の基礎となっており、それはすでに知られています。しかし、私がジーカーに商用車やウェイモとの提携以外の米国での計画があるかどうか直接尋ねたところ、このブランドはかなり気難しい態度でした。

10月、ジーカーの担当者はニューヨークのイベントで、米国で乗用車を販売する可能性があると私に話しましたが、その後Eメールで、米国で乗用車を販売する計画はないと答えました。

IPOの1週間前、私は再び尋ねました。吉利の担当者は、「(米国は)ジーカーが検討している市場だが、乗用車の販売についてはまだコミットしていない」と述べました。ジーカーとウェイモは次世代のドライバーレス車に共同で取り組んでおり、ジーカーは車のハードウェアを、ウェイモはドライバーレス技術と経験を提供する予定です。

しかし、その発言を得てからわずか1週間で、中国製輸入EVに対する米国の態度は急速に悪化しました。ジーカーの中国からの車両には、新たに100%の関税がかけられる可能性があり、米国で乗用車を提供する可能性のあるブランドとしての見通しや、株価にとって良いことではありません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました