テスラの自動アラートシステム、モデルYが丘の斜面から90m下に落下した後、救急隊員を死亡事故現場に誘導

tesla-model-y-crash TESLA News
スポンサーリンク

テスラモデルYが人里離れた丘の中腹から300フィート(約90メートル)下に落下した事故ののち、自動アラートシステムにより、救急隊員が死亡したテスラモデルYのドライバーを発見することができました。

車両がGPS座標を共有

先週火曜日の朝、ローズビルのセス・コーエン氏が運転するモデルYは、ハイウェイ50沿いの丘の中腹から300フィート(約90メートル)下に落下しました。

エルドラド郡消防局(EDCFPD)は、「ハイウェイ50とアウター・リミッツ・ロードのエリアで車両事故が発生したとの漠然とした報告を受けた」と報告しました。その後、被害者の妻からの通報で、携帯電話にモデルYが事故に遭い、動けなくなっているとの連絡が入ったとのことです。

救急隊が出動したものの、通報の内容が漠然としていたことと険しい地形のため、車の位置を特定できずにいました。しかし、警報とともに車両がGPS座標を共有したため、その座標を使って事故現場までのルートマップを作成することができました。

間もなく、彼らはテスラを丘の中腹から300フィート下に発見し、不幸にも近くに死亡した被害者を発見しました。

険しい地形であったこと、車が丘の斜面から300フィートも下に落ちてしまったこと、そして事故が発生した場所が人里離れた場所であったことを考えると、事故後に車から送信されたデータがなかったら、被害者は数カ月、あるいは数年間も発見されなかった可能性があります。

この事故は悲劇的ではありますが、テスラの自動警告システムが被害者の妻に事故を知らせただけでなく、他のシナリオでは生死を分ける重要なGPS座標を提供し、救急隊員が事故現場を発見する際に非常に有効であったことを証明しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました