パナソニック、レッドウッド・マテリアルズと数十億円規模の再生バッテリー正極材供給契約を締結

Panasonic-Tesla-4680-battery-cells TESLA News
Credit:Pansonic
スポンサーリンク

レッドウッド・マテリアルズは、パナソニックとの新たな契約を発表し、テスラのバッテリーサプライヤーがカンザス州の新施設用に再生バッテリー正極材を購入することを明らかにしました。

正極材には、リチウム、ニッケル、コバルトなど、電気自動車(EV)バッテリーの重要な原材料がすべて含まれています。レッドウッド社によると、正極材はバッテリーセルのコストの半分以上を占めるということです。

レッドウッド・マテリアルズは、今回の提携について、正極が北米でギガファクトリー規模で生産され、米国のバッテリーセル製造に使用されるのは初めてとなる、と述べています。パナソニックは、今月初めに着工した米国カンザス州の新バッテリー工場で生産を開始する2025年に、レッドウッド社から高ニッケル正極の供給を開始する予定です。この工場は、完成時には年間30GWhの生産能力を持つ予定です。

パナソニックは、2025年の稼働を目指すパナソニックのカンザス新工場において、バッテリーセル生産用のレッドウッド社製正極材を調達する予定です。これは、正極材が北米でギガファクトリー規模で生産され、米国のバッテリーセル製造に使用される初めてのケースとなり、米国内のサプライチェーンにとって重要なマイルストーンであり、最近のインフレ抑制法(IRA)の主要目的の1つでもあります。

4680-strucural-battery-pack02
Credit:Tesla

レッドウッド・マテリアルズは米国ネバダ州に拠点を置き、テスラの共同創業者であるJB ストローベル氏が2017年にスタートさせた企業です。同社は2019年に初めてパナソニックと提携し、ギガ・ネバダでのバッテリー生産事業から出るスクラップを再利用しています。レッドウッド社は今年初め、バッテリーの材料リサイクルから、負極と正極の製造の世界に進出することを発表しました。 同社は数十億ドルを投じて、2025年までに年間100GWhまで生産を拡大し、100万台のEVを供給するのに十分な量を生産する予定です。

「2030年には、年間500GWhの生産能力を目指します。」

パナソニックとの契約の金銭的条件は明らかにされていませんが、ロイター通信の報道によると、数十億ドルの価値があるということです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました