テスラ、北米でクラウドでのドライバープロファイルを含む新しいソフトウェアアップデートをリリース

tesla-screen TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、以前から予定されていたクラウドベースのドライバープロファイルを含むいくつかの新機能と、テスラ乗車体験を少し良くするための新機能を含む新しいソフトウェアアップデートを北米において配信を開始しました。

今週、テスラは最新のソフトウェア・アップデート(2022.24.5)のリリースを開始しました。このアップデートには、新機能と過去にリリースされた機能が搭載されており、現在これまで累計では300万台を超える車両を販売してきたテスラのより多くの車両に搭載されるようになると考えられます。

model-s-head-light

今回の最大の新機能の1つは、「テスラプロファイル」の導入です。これは、イーロン・マスク氏が昨年約束したクラウドプロファイルの統合機能です。この機能は、複数の車両で好みのドライバー設定を維持することを容易にすることを目的としており、最近レンタカー会社ハーツとの契約により人気が高まっているテスラ車両をレンタルする際も同様に機能します。

テスラは、2022.24.5のリリースノートで、新しい「テスラプロファイル」について以下のように説明しています。

あなたのテスラアカウントを使用して、すべてのサポートされている車両間で同期された設定やプリファレンスを保持します。

 ・ミラー、座席、ステアリングホイールの調整
 ・オートパイロット、ドライビング、クライメートコントロールの設定
 ・ナビゲーション、メディア、データ共有の設定

ドライバープロファイルの設定からテスラプロファイルを設定し、テスラモバイルアプリからプロファイル画像を変更することができます。

また、このソフトウェアアップデートにより、ブラインドスポットカメラの映像をディスプレイの異なる位置に再配置する機能が搭載されます。テスラがリリースノートでこの機能について書いている内容は以下の通りです。

カメラフィードをドラッグすることで、ディスプレイ上のブラインドスポットカメラの配置を調整します。カメラフィードは、ウィンカーを作動させたときと同じ位置に表示されます。有効にするには、「コントロール」>「オートパイロット」>「自動ブラインドスポットカメラ」をタップします。

また、プレミアムコネクティビティを登録しているオーナー向けに、テスラはナビゲーションルートに沿って遅い交通状況を表示する方法も若干更新し、異なる色を地図上のルートラインに沿ってではなく、その一部とするようになりました。

今回のアップデートでは、テスラはセントリーモードの音を無効にする機能も追加しています。

近隣住民の迷惑にならないように、セントリーモードが発する音を無効にすることができるようになりました。モバイルアプリの通知は引き続き配信されます。タッチスクリーンでこの設定を有効にするには、コントロール > セーフティ > セントリーモード > セントリーサウンドを無効にするをタップします。

また、今回のアップデートにより、回生ブレーキが制限された場合に自動的に通常のブレーキをかけるなどの新しい運転挙動がより多くの車両に導入されました。これはテスラが今年初めに展開し始めたものですが、現在も新たなアップデートにより、より多くの車両に搭載されつつあります。

新しいソフトウェア2022.24.5には、リリースノートには書かれていない、テスラのコンピューター上のビデオゲームをアンインストールして他のゲームのためのスペースを確保する機能や、タイヤの空気圧測定値のタイムスタンプなど、いくつかの小さな変更も含まれています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました