フォードCEO、電気自動車の価格競争が始まる

ford-and-tesla TESLA News
https://www.topgear.com/car-news/
スポンサーリンク

フォードのCEOであるジム・ファーレイ氏は、今後発売されるであろう2万5000ドル程度の廉価モデルによって、電気自動車市場はまもなく価格戦争に突入すると考えているようです。

生産上の制約と旺盛な需要のおかげで、電気自動車に関しては現在、価格競争らしい状況は生まれていません。それどころか、在庫の少なさと旺盛な需要のために、ディーラーは電気自動車に大幅なプレミアムをつけています。しかし、米国自動車業界の大手企業フォードは、それが変わろうとしていると考えています。

2021-ford-mustang-mach-e-4-101-1612182937
2021-ford-mustang-mach

フォードのCEOであるジム・ファーレイ氏は、6月2日水曜日に開催されたバーンスタイン戦略的意思決定カンファレンス(Bernstein Strategic Decisions Conference)で、今後数年間で電気自動車の製造コストが低下し、2万5,000ドル台の電気自動車を販売できるようになるとの見通しを示しました。

彼は、これが業界における「巨大な価格競争」につながると考えているようです。

「ですから、私たちの業界は間違いなく大規模な価格競争に突入する、と思っています。」

フォードのマスタング・マッハEは約4万5,000ドルの価格からですが、バッテリーパックだけでもフォードの製造コストは1万8,000ドルもかかる、と指摘しました。実際にこれでは、車両販売価格を下げる余地がありません。

ファーレイCEOは、バッテリーに大幅なコスト改善がもたらされると考えており、フォードが開発中の次世代EVプラットフォームでは、製造コストの大幅な削減をもたらすと確信しているようです。

「治具を半分に、作業台を半分に、溶接を半分に、そしてファスナーを20%少なく。これだけシンプルな製品だからこそ、製造性を根本から変えるべく設計したのです。」

ファーレイCEOは、この「価格戦争」の可能性がある中で、より価格競争力を高めるために、フォードは流通コストや広告宣伝費を削減する用意もあるといっています。

ファーレイCEOは、2万5,000ドルのEVモデルに関する具体的な計画については共有しませんでしたが、業界にはすでにいくつかのプロジェクトが存在する。

VWは、ID.Lifeというコンセプトを掲げていますが、このコンセプトは2万4,000ドルの電気自動車を開発するためのプレビューだとしています。テスラも25,000ドルの電気自動車を発売すると言っていますが、CEOのイーロン・マスクは最近、既存車の生産増強に集中するため、このモデルへの取り組みを一時停止したと述べています。

今年は、さまざまな要因によってEVのバッテリーコストが実際に上昇している、唯一ではないにせよ稀な年のひとつかもしれません。ですから、EVの価格が下がるとしたら、もう少し待たないと考えられます。

ファーレイCEOの指摘は正しいと思いますが、それは2024年から25年にかけてのことでしょう。その時点でもEVの需要はEVの生産量をはるかに上回ると思いますが、選択肢が増えるので、価格面も含めて競争が激しくなると考えられます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました