Uber、テスラとポールスターを採用した「コンフォートエレクトリック」を発表

uber-tesla TESLA News
https://twitter.com/Uber/
スポンサーリンク

ライドシェアサービスのUberは、2040年までにゼロエミッションのモビリティプラットフォームになるという同社のグローバルなコミットメントの一環として、ユーザーがスタイリッシュに移動するための新しい方法である「コンフォートエレクトリック」を開始しました。

昨年、Uberはレンタカー会社ハーツと提携し、2023年までに最大5万台のテスラをドライバーにレンタルできるようにすると発表していました。そして今回、Uberのハーツとの提携発表から1年も経たないうちに、米国ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンディエゴ、UAEドバイで新サービスを開始し、テスラモデル3やポールスター2を導入することになったとのことです。

「2040年までにゼロエミッションのモビリティプラットフォームになるというUberのグローバルなコミットメントの一環として、私たちは皆さんが電気自動車に乗るのを助けるための措置を取り続けます。今、米国ではかつてないほど多くの電気自動車が走っており、私たちは、スタイリッシュに街を移動し、気候変動の解決策の一部になるための最新の方法であるコンフォートエレクトリックを紹介できることに興奮しています。ボタンをタップして、テスラやポールスターなどのプレミアムEVに乗るようリクエストするだけです。」

tesla-model-x

また、Uberは、EVコスト計算機やEV充電ポイントの位置を示す地図など、ドライバーのEVへの乗り換えを促す機能を追加する予定とのことです。

テスラのレンタル料金は、1週間あたり334ドル(税金や手数料を除:約4万3000円)です。

2021年末にハーツとテスラの提携が決まった際、ハーツはUberとも協力し、顧客がEVの選択肢をより多く利用できるよう支援すると付け加えました。
「今日のUberとのパートナーシップは、ハーツが現代のモビリティ・エコシステムの不可欠な構成要素となり、環境に配慮した先進的な企業であるという当社のコミットメントを実行に移すためのもう一つの大きな前進です。我々は新しいハーツを作り、旅行、モビリティ、自動車産業の未来のためにダイナミックで新しい道を描いています。」と、CEOのマーク・フィールズ氏は述べています。

ハーツは、10万台の注文のうち5万台のテスラをウーバーのドライバーによるレンタルに開放するということです。

「気候変動は、私たち全員が一緒に取り組まなければならない緊急の世界的課題であり、今こそ、この環境負荷低減を推進する時です。これは、テスラ、ハーツ、Uberの力を結集し、ゼロ・エミッションモビリティへの移行を加速させるものです。すぐにでも多くのEVが走行することを楽しみにしています。」とUberのCEO、ダラ・コスロシャヒ氏は述べています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました