テスラ、2022年第1四半期決算で営業利益率19%を達成!

giga-belrin-fy22 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラ(NASDAQ:TSLA)の2022年第1四半期決算は、厳しいながらも印象的な四半期となりました。2022年第1四半期決算報告書で取り上げたこの決算は、2022年4月20日(水)マーケット終了後に発表されました。

Credit:Tesla

テスラは2022年第1四半期に、合計305,407台を生産し、310,048台を納車しました。この数字の大部分はモデル3とモデルYに変わりはありませんが、モデルSとモデルYの生産台数は以前の四半期よりも拡大しています。

テスラの2022年第1四半期決算の概要は次のとおりです。

収益

テスラの総収益は187億5600万ドル(約2兆4045億円)、粗利益は54億6000万ドル(約7000億円)でした。これに対し、証券アナリストはテスラが178億ドルの収益を計上すると予想していました。テスラは、車両納入台数の増加、平均販売価格の上昇、その他の事業の部分の成長を収益増加の要因として挙げています。

一株当たり利益

テスラの今季は、非GAAPベースの1株当たり利益を3.22ドルとなりました。これは、テスラが1株当たり2.27ドルのEPSを計上すると予想していたウォールストリートの予測を大きく上回る結果でした。

GAAPとは?
英文「Generally Accepted Accounting Principles」の略。「一般に公正妥当と認められた会計原則」のことで、米国会計基準はUS-GAAPと呼ばれており、多くの米国企業はGAAPとNon-GAAPの2種類の指標で利益を発表する。Non-GAAPは、GAAPから一時的な損益を除いた調整後の金額を指す。

収益性

テスラは第1四半期に36億ドル(約4600億円)のGAAPベースの営業利益と19.2%という素晴らしい営業利益率を計上し、2022年第1四半期のGAAPベースの純利益は33億ドル(約4230億円)、非GAAPベースの純利益は37億ドル(約4742億円)となりました。全体として、第1四半期のGAAP自動車用粗利率は32.9%でした。

キャッシュ

テスラは、第1四半期の現金、現金同等物、短期有価証券が前四半期比3億ドル増の180億ドル(約2兆3000億円)に達したと発表しました。また、車両とエネルギー製品の融資を除いた総負債は、2022年第1四半期末で1億ドル未満に減少したと付け加えています。

車両工場

テスラは、第1四半期にグローバルサプライチェーン、輸送、労働、製造からいくつかの課題が発生したと指摘しました。これらの課題は最終的に、同社の工場をフル稼働させる能力を制限することになったとのことです。これは、中国のコロナ禍によるロックダウンによって打撃を受けたギガ上海で最も顕著に表れました。幸いなことに、テスラのギガ・ベルリン・ブランデンブルクとギガ・テキサスは、フリーモント工場と同じく製造能力を強化しています。

バッテリー技術

テスラは、標準レンジの車両ラインにコバルトフリーのLFPバッテリーを使用することを決定したことからもわかるように、バッテリーおよびパワートレイン技術では多様化が命題であると指摘しています。

「バッテリーケミストリーの多様化は、長期的な生産能力の拡大、様々なユースケースに対する製品の最適化、そしてサプライヤー基盤の拡大のために非常に重要です。第1四半期に生産されたテスラ車の約半数が、ニッケルやコバルトを含まないリン酸鉄リチウム(LFP)バッテリーを搭載していたのは、このためです。現在、LFPバッテリーは、当社の標準的な自動車製品のほとんどと、商業用エネルギー貯蔵アプリケーションに使用されています。当社のエネルギー効率の高いモーターの結果、LFPバッテリーパックを搭載したモデル3は、依然として267マイルのEPA航続距離を達成できます。」

テスラエナジー

テスラエナジーは第1四半期にかなりの成長を見せ、導入量は前年同期比90%増の846MWhとなりました。これは、パワーウォールの好調な展開に牽引されたものです。しかし、太陽光発電の導入量は、特定の太陽光発電コンポーネントの輸入遅延により、第1四半期に48%減少し、48MWとなりました。

以下は、テスラの2022年第1四半期アップデートレターです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました