イーロン・マスク氏、ツイッターに積極投資

elon-musk TESLA News
https://youtu.be/FE4iFYqi4QU
スポンサーリンク

今朝、イーロン・マスク氏が ツイッター社 (NYSE: TWTR) の 9.2 % の株を取得したというニュースを受けて、証券アナリストたちは、テスラ CEO の動きと、ソーシャルメディア・プラットフォームにおける彼の現在の消極姿勢が積極的になるのかどうかを分析し始めています。
ウェドブッシュ証券のアナリストであるダン・アイブズ氏は今朝、同社はマスク氏が今後数週間から1ヶ月の間に活発な役割を果たす可能性があると考えていると述べ、EVの業界リーダーのCEOがその役割を拡大することを決定すれば、ツイッター社は完全に新しい環境を持つことができると推測しています。

「これは始まりに過ぎません」とアイブス氏は今朝、ヤフーファイナンスで語りました。

「最終的に、我々は、彼が今後数週間または数ヶ月にわたってツイッター社に積極的に関与していくと考えています。これは始まりに過ぎません。私は、これが経営陣の変更、または最終的に買収であるかどうか分かりませんが、彼はツイッター社に対してより広い戦略的な視点を持っていると思います。はっきり言って、これはツイッター社でマスク氏がもっと積極的な役割を果たすことの始まりに過ぎないと思っています。」

マスク氏の取得した株式価値は約30億ドルで、この買収のニュースにより、月曜日の取引でツイッターの株価は29%以上上昇しました。マスク氏の持つ株式は現在、パッシブ株式と呼ばれ、株主は会社の運営に口を出すことも、積極的な役割を果たすこともできないことになっています。

マスク氏がツイッター社の筆頭株主として積極的な役割を担うことになれば、実質的にツイッターの方針やチームメンバーを再構築するためのすべての責任を負うことになります。マスク氏の最近のツイートからすると、もし彼が積極的な株主となれば、プラットフォーム上の検閲に大規模な揺さぶりがかかることは間違いないでしょう。

マスク氏がソーシャルメディアプラットフォームの10%近い株式を取得する動きは、同プラットフォームが言論の自由を許容する能力に疑問を呈したわずか数週間後のことです。マスク氏は世論調査を実施し、2,035,924票を集め、70.4%が、言論の自由は民主主義が機能するために不可欠であるという原則をツイッターが「厳格に遵守しているとは思わない」と答えました。「この世論調査の結果は重要なものになるでしょう。慎重に投票してください。」とマスク氏は付け加えています。

「ツイッター社が事実上の公共の広場として機能していることを考えると、言論の自由の原則を守らないことは、民主主義を根本的に損なうことになります。どうしたらいいのでしょうか?」
マスク氏は、言論の自由の実践に疑問を投げかける一連のツイートについて、こう付け加えました。

マスク氏は過去に独自のSNSプラットフォームを作ることをほのめかしたことがあります。しかし、ツイッターは2021年第2四半期時点で、全世界で2億600万人のマネタイズ可能なデイリーアクティブユーザーを抱える巨大企業であり、すでに確立された存在となっています。

アイブズ氏としては、マスク氏のツイッターでの仕事は終わったとは思っていないようです。

「彼が9.2%の受動的な株式取得で終わると思っている人はいないと思います。」

記事執筆時点では、ツイッターの株式はその日に29.14%上昇しています。

アイブス氏はテスラ株の目標株価を1,400ドルとし、アウトパフォームのレーティングを再表明している状況です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

何を考えているのやら…。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

地合いにもよるとは思いますが、簡単に超えていきそうな気もします。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました