テスラ、欧州でオフピーク時間帯のスーパーチャージャーを無料開放

supercharger-2 TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、欧州の顧客に対して、今シーズンの冬休みのラッシュを回避する方法を提供しています。同社は、テスラ車の所有者の割合が最も高く、2月に数日間の休みがあるいくつかの国で、オフピーク時のスーパーチャージャーによる無料充電を提供しています。

テスラは、欧州の顧客を喜ばせるために、一部のスーパーチャージャーで無料充電を行うことに決定しました。そのため、同社の車のオーナーは、ドイツ、フランス、ノルウェー、スウェーデンの合計79基のテスラスーパーチャージャーで、2月の特定の日の特定の時間帯に無料で充電することができるようになるのです。

このイベントはヨーロッパの冬休みに関連したもので、数ある国の中からこれらの国が選ばれたのはいくつかの理由があります。

まず、これらの国々ではテスラ車の保有率が高く、充電器や充電時間の分散が必要になる可能性があることです。2021年には、これらの国々でテスラ車が特に高い人気を博しました。さらに、フランス、ドイツ、ノルウェーでは、他社製EVへの充電を提供するパイロットプログラムを開始しており、スーパーチャージャーの負荷が高まることは間違いなく、特にこの冬のホリデーシーズンに顕著になると思われます。

ドイツでは、2月18日から3月6日の間の金曜日から日曜日まで、つまり17日間のうち9日間、テスラが31基のスーパーチャージャーで無料充電を提供します。時間帯は8時前と19時以降に無料充電のために開放されます。

ノルウェーでは、2月18日から3月6日までの金曜日から日曜日まで、つまり17日間のうち9日間、テスラは8基のスーパーチャージャーで無料充電を提供します。12時以前と19時以降に無料充電が可能です。

スウェーデンでは、テスラは13基のスーパーチャージャーで、2月18日から3月6日までの金曜日から日曜日まで、つまり17日間のうち9日間、無料充電を提供します。11時以前と18時以降に無料充電が可能です。

フランスでは、テスラは27基のスーパーチャージャーで、2月11日から2月27日までの金曜日から日曜日まで、つまり17日間のうち9日間、無料充電を提供しますが、他の国より1週間早く開始します。10時以前と18時以降に無料充電が可能になります。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・追加・編集・改変して作成しています。

欧州のエネルギー事情は違うのかもしれませんが、冬場の夜間とか日本では電力需要のピークになるように思うのですが。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました