テスラ中国、1400万人フォロワーのインフルエンサーを虚僞情報拡散で提訴

tesla-china-sue TESLA News
https://youtu.be/PRGKNqll1jk
スポンサーリンク

テスラ中国は、中国のソーシャルメディアで1400万人のフォロワーを持つインフルエンサーが、モデル3の故障をシミュレートし、虚偽のデータを公表したとして提訴しました。

昨年、テスラ中国は同社の法務部門の協力を得て、同社に関する虚偽の主張に対する戦いを開始しました。虚偽の情報を投稿したブロガーやインフルエンサーたちは、世の中の人々を誤解させたことを公に認めなければ、訴訟を起こすと警告されました。

その後、テスラ車に関する虚偽の情報を広めた人たちが次々と公に告白し、嘘を認めない人たちに対して数件の訴訟が実際に行われました。

先週の水曜日には、中国にあるテスラの法務チームが、1400万人のフォロワーを持つ中国の自動車関連インフルエンサーを名誉毀損で訴えたと報じられました。この情報は同社の中国オフィスが複数のメディア機関からの確認に対して返答したものだということです。

1400万人のフォロワーを持つインフルエンサーの「小刚学长」(シニア・シャオガン)は、中国版TikTokであるDouyin(抖音)で自動車のテストやチューニングに関する動画を作成する自動車専門家と自称しています。

2021年4月、彼はテスラモデル3とシャオペンP7の自動緊急ブレーキシステムを比較する2つの動画を公開しました。公開された動画で、彼はモデル3の緊急ブレーキシステムが2回故障したと主張しています。

この動画は、2つのうち1つが削除されるまでに50万件の「いいね!」を集めました。

この動画の信憑性については、他のインフルエンサーやテスラオーナーからも疑問視されており、テスト中にアクセルを踏んだ可能性を示唆する兆候があると指摘されています。もしシャオガン氏が本当にこれを行ったのであれば、テスラの自動緊急ブレーキシステムが正常に機能しなくなることは間違いありません。また、この動画はテスラの競合他社がスポンサーになっているのではないかという指摘まであります。

https://youtu.be/PRGKNqll1jk

最近、シャオガン氏自身が新しい動画を投稿し、テスラが自分を訴えたことをメディアから間接的に知ったと主張しています。彼は、テスラが彼を利用してできるだけ多くの注目を集め、他の人がテスラに対して発言するのを阻止したいだけだと主張しています。

「今後、あえてテスラに立ち向かい、その問題点を指摘する人はいないでしょう。」

実際、シャオガン氏の動画が捏造でないなら、テスト車の不具合は裁判で簡単に証明できるので、彼は全く恐れることはないのです。裁判所は、インフルエンサーの動画でテストされた車両を突き止めれば、その車両のデータをテスラに要求することができます。そのデータには、実際に故障が発生したのか、シャオガン氏がアクセルを踏み込んだのか、といった信頼できるデータが履歴として記憶されています。

これと同様の状況の経験からは、テスラの誤作動はまだ一度も証明されていませんが、同社の車を運転し事故に遭った不注意なドライバーは、繰り返し「故障」としてその原因をテスラ車にあると主張しているのも事実です。

テスラモデル3とシャオペンP7の比較動画は以下を確認ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

ワイパーにヒーターが付いているということではなく、ワイパーが格納されているスペースにヒーターがあるのですね。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました