テスラモデル3、フランスでの2021年累計販売台数EV第1位&総合14位!

model3-red TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、内燃機関を搭載した自動車を徐々に置き換えていくことで、電気自動車革命を続けています。モデル3は、2021年にフランスで最も売れている電気自動車(EV)となり、加えて全乗用車のランキングで14位となり、フランスでも徐々にその勢いを増しています。

テスラは、多くの人々の願望となる電気自動車を生み出してきました。

非常に高い性能を備えながら、より求めやすい価格のモデル3の発売により、世界の自動車市場の真の変革が始まっています。欧州では、フランスがやや遅れているものの、いち早く電気自動車への移行を目指す有力な市場の一つとなっています。

しかし欧州で2020年には、より積極的にEVへの関心が高まり、その販売台数も大きく伸び始めました。数年前からフランス人は現地ブランドメーカーのEVを好むようになりましたが、2020年になるとテスラが急速にシェアを伸ばし始め、2021年には新たな節目を迎えたといえるでしょう。

EU-EVsのデータによると、2021年販売累計で、テスラはフランスで24,911台のモデル3を登録しました。これにより、モデル3はフランスEV市場で文句なしの首位となり、ランキング1位を獲得することになりました。

2013年から1位だったルノーZoeは、23,573台を登録し、2位に転落しました。そのはるか後方では、プジョーE-208が17,858台の登録台数で3位となりました。

2021年 フランスにおける電気自動車販売ランキング

しかし、フランスにおけるテスラモデル3の功績はこれだけではありません。L’Automobile誌のデータによると、同国の自動車市場全体で14位にランクインし、内燃機関を搭載した人気車と競い合うようになったのです。

このように、1年間で64位から14位に急上昇し、昨年比284.6%という驚異の販売台数を記録しているのです。

また、テスラモデル3がトップ15で唯一のEVであることも重要な成果であり、同車に対する関心が特に高いことを示しているといえるでしょう。

2021年 フランスにおける全自動車販売ランキング
この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集・追記して作成しています。

とにかく米国・中国・欧州で売れまくってます。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました