テスラ、タイヤの磨耗と深さを検知する先進の安全機能を搭載!

tesla-tire TESLA News
Credit:Tesla

テスラのクルマは車輪の上にコンピュータが乗っているようなものなので、面白いユニークな機能をどんどん追加することができ、そのたびにテスラオーナーは色んな驚きに遭遇します。

今回のソフトウェア・アップデートでは、非常に重要な機能が追加されました。それは、タイヤの摩耗や溝の深さを車両自身が検知し、テスラオーナーが適切なタイミングで交換できるようにアナウンスする機能を実現しました。

タイヤは、クルマが道路を安全に走り、事故を起こさないことを保証するものです。一年中いつでも、特に寒冷地の冬場は、タイヤの溝の深さがクルマの走りやグリップ力、ブレーキ性能に直接影響します。

従来、タイヤ交換のタイミングはドライバーが自分で判断していましたが、それ自体、一定のリスクを伴います。他の事柄でもおなじことですが、人は忘れたり、注意を払わなかったり、間違った結論を出したりして、最終的にはミスを犯し、常に何らかの困難を生み出す結果を招きます。

一方で、タイヤの安全性という問題に対して、「車自体が責任を負う」となると、また別の問題となります。

tesla-break-recall

今回アップデートされた(される)システムは、きっちりと科学的に定義されたしきい値に基づいてタイヤの摩耗を測定するため、より信頼性が高くなります。その結果、車の重要な部品であるタイヤを誤ったタイミングで交換する、あるいはタイミングを逸した決定をする可能性を排除することができるのです。

こうした安全性を考慮し、テスラはテスラ車のアップデートによって新しい機能を開発し、順次提供を開始しました。

一部の地域で始まった2021.44.5ソフトウェアをインストールしたテスラのオーナーは、タイヤの摩耗とトレッドの深さを検知して、交換の必要性をオーナーに適時警告できるようになった、と述べています。

複数のテスラオーナーが、Drive Tesla Canadaを通じて、自分のクルマにこの機能が搭載されていることを確認しています。また、別の一人、@greg_dogeは、この情報をTwitterで共有しました。

テスラは、タイヤの摩耗とトレッドの深さを検知することができるようになりました。
実用的。恐るべし。

ツイッターの写真のように、異常が見つかった場合、どのタイヤに異常があったかを示すメッセージが表示されます。さらに、そのタイヤを点検・交換するために、サービスセンターへの予約を勧めるという仕組みになっているようです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

まさに、「実用的、恐るべし」です。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました