テスラ、モデルY用6千トン「ギガ・プレス」がGIGAテキサス工場へ!

giga-texas-august TESLA News
https://youtu.be/7fOHcKCE4yo
この記事は約3分で読めます。

IDRA社超大型ダイキャスト製造機「ギガ・プレス」の大型梱包が、テスラのギガ・テキサス工場の敷地に到着しました。このパッケージには、IDRA社のモデルY生産用6,000トン「ギガ・プレス」の大型機械が入っていると思われます。

GIGAテキサス工場を撮影したの最近のビデオによると、この超大型鋳造機の設置場所はすでに準備されているようで、この4台目の「ギガ・プレス」の基礎もすでに準備万端のようです。

この3台目のIDRA社製「ギガ・プレス」の到着と、テスラによる4台目のモデルY鋳造機の準備は、GIGAテキサス工場におけるモデルYの生産がどのように進んでいるかを示唆しています。2021年第2四半期の決算説明会では、テスラ経営陣は、GIGAテキサス工場でのモデルYの生産を今年の後半に開始したいと話していました。

front-megacast-fremont
CREDIT: GABEINCAL/YOUTUBE

「実はこの決算説明会をGIGAテキサス工場から行っています。つまり、私たちは今、工場の中でこの決算説明会を行っているのです。そして、テスラのチームはここで信じられないほどの進歩を遂げています」と、イーロン・マスクは前回の第2四半期決算説明会で語りました。

「1年前には基本的に何もなかったのに、1年後にはほぼ完成した大規模な工場になっています。これは、GIGAテキサス工場のチームによる素晴らしい仕事であり、GIGAベルリン・ブランデンブルクのチームによる素晴らしい仕事でもあります。今年の後半には、両方の工場で新デザインのモデルYを限定生産する予定です」。

GIGAテキサス工場で新型モデルYのテスト生産を開始するという報道は、今月初めからいわれています。このテストが順調に進めば、テスラのテキサス工場は、第3四半期の終わりから第4四半期の初めまでに新型モデルYの生産を開始する可能性が高くなります。

GIGAテキサス工場では、カリフォルニア州フリーモント工場で生産される車両とは異なる新型のモデルYを製造する予定です。

テスラは、GIGAテキサス工場でフロントとリアの両方のメガキャストを搭載したモデルYの生産を目指します。いまテキサス工場内に準備されている第3、第4のギガプレスラインは、前後2つの鋳造ラインの可能性が高いと考えられます。

tesla-model-y-megacast-gigapress

「テキサス工場とベルリン工場で作られるモデルYは、現在我々が作っているモデルYと非常によく似ていますが、製造の難易度は大幅に向上しています。例えば、テキサスとベルリンで作られたモデルYは、フロントボディも鋳造され、リアボディも鋳造されます。一方、カリフォルニアで作られたものは、リアボディは鋳造されていますが、フロントボディは鋳造されていません」とイーロン・マスクは述べています。

モデルYの生産後、GIGAテキサス工場ではテスラのサイバートラックを生産する計画となっています。このサイバートラックは、モデルYより大型のIDRA社の8,000トンの「ギガ・プレス」を使って製造される予定です。

GIGAテキサス工場の最新映像は以下をご確認ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

このテキサスとベルリンで生産される予定の新型モデルYは、前後の大型鋳造部品「メガプレス」だけでなく、新型バッテリーの4680セルや、このバッテリーを構造体した「ストラクチャラルバッテリー」も搭載されると言われています。今年の後半ということは早くて来年の前半くらいでしょうけど。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました