テスラ中国、5月の販売台数は前月比30%増、需要低迷の報道を覆す!

tesla-chinaTESLA News

テスラの中国における5月の販売台数が発表され、テスラ車に対する持続的な需要を示唆する結果となりました。テスラ中国の先月の販売台数は33,463台で、内訳は国内向けが21,936台、海外向けが11,527台となっています。このデータは、中国乗用車協会(CPCA)が最近発表したものです。

4月は、GIGA上海ファクトリーのモデルYラインの停止が報じられたこともあり、かなり控えめな納車台数となっていましたが、5月の数字は前月比で大幅に増加しています。テスラ全体の受注は4月に比べて前月比30%増、国内販売は前月比89%増となりました。これは非常に素晴らしいことで、TSLA株の買い方の予想をも上回るものです。

先週、「The Information」は、EVメーカーの販売に詳しいとされる無名の情報源を引用して、5月のテスラ中国の純受注は50%減の約9,800台にとどまったと報じました。これにより、テスラの中国での需要が弱体化しているとの主張が再び強まり、TSLAの株価は5%以上下落しました。テスラの5月実績は、これらの報道が紛れもない誤りであることを決定的に証明しています。

テスラ中国はこれまで、特にブレーキの故障の噂を含むクレーム危機に巻き込まれてきました。幸いなことに、テスラ中国の法務部は誤報に対して積極的な姿勢により、その結果、複数のメディアやソーシャルメディアのインフルエンサーが、テスラに関するネガティブな報道を捏造したことを公に認めました。

テスラが現地生産しているGIGA上海ファクトリーは、毎年約50万台の生産能力を持つと見込まれています。モデルYの生産がまだ軌道に乗っていないことから、同社が生産量を増やす余地はまだ大きいと言えます。特に、テスラ社が現地市場向けに2万5,000ドルの手頃な車(モデル2)を発表することを検討していると報じられていることから、テスラ中国にも近い将来、さらなる追い風が吹くかもしれません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

性能と価格のバランスから考えて、需要が急減するとも思ってなかったですが。日本も来年の今頃は1万台/月くらい売れるのでは?

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

tesla_bannar
http://ts.la/seikai44555

オンラインでの購入に無料特典の追加を(私のでなくても構いませんので)お忘れなく!

タイトルとURLをコピーしました