テスラ、2021年累計モデル3が1位、モデルYが3位!

tesla-image TESLA News
この記事は約4分で読めます。

テスラモデルYクロスオーバーが、4月の世界の電気自動車販売台数において、兄弟車であるテスラモデル3を抜いたことが新しいデータで明らかになりました。

4月は、世界全体で約39万2,000台の電気自動車が登録され、電動化の歴史の中で4番目に良い月となりました。電気自動車の世界的リーダーであるテスラは、4月の販売台数ランキングで2位と3位を維持し、モデルYが兄弟車であるモデル3を世界で初めて上回りました

モデルYクロスオーバーは、2020年3月に初めて顧客に納車してデビューしました。それ以来、そのトレンディなボディスタイルと印象的なパフォーマンスのスペックによって人気を博しています。モデルYは、現在の市場で最も魅力的な自動車の1つとなっています。

世界の電気自動車の販売状況を調査しているサイト「EV Sales Blog」によると、4月のモデルYの登録台数は16,232台となっています。一方モデル3の販売台数は14,980台にとどまり、世界のEVの中では3番目となっています。
1位は、上汽通用五菱汽車の「宏光MINI EV」でした。約5,000ドルからという非常に手頃な価格設定のため、追加料金なしで標準装備がないにもかかわらず、特に中国で最も人気のある電気自動車の一つです。この車両は主に中国で販売されており、上汽通用五菱汽車の合弁会社のこのクルマは、約8ヵ月連続で中国のEV部門の販売台数を独占しています。

2021年4月の世界電気自動車販売台数
Credit: EV Sales Blog

モデルYがモデル3の台数を上回ったのは驚きでしたが、こうなることはテスラの幹部はすでに予想していたことでした。「このクルマ(モデルY)は、これまでで最も売れた製品になると確信しています 」と、マスクは2020年第1四半期の決算発表会で語っていました。テスラはモデルYの生産を開始した第1四半期に黒字化を達成しましたが、これはこれまでのどのクルマでも達成できなかったことです。

今後、2022年にはモデルYが地球上で最も売れている車になると、マスク氏は信じています。マスク氏は、2021年第1四半期の決算説明会で、「モデルYに関して言えば、世界で最も売れている自動車、あるいはあらゆる種類の自動車のなかで最も売れている自動車になると考えており、おそらく来年にはそうなるでしょう。来年には100%確実ではないが、かなり可能性が高いと思う」と語っています。

これまでの1年間を振り返ると、モデル3は依然として世界で最も売れているEVです。4月の販売台数が少なかったという報道にもかかわらず、モデル3は2021年累計で141,696台を販売し、宏光MINI EVに対して、世界のEV市場で健全なリードを保っています。2位の宏光MINI EVは125,925台、モデルYは4月の好調により72,296台を販売し、4位とはかなりの差ランキング3位の座を維持しています。

2021年累計電気自動車販売台数ランキング
Credit: EV Sales Blog

また、テスラは統計データによると、依然として最も人気のある電気自動車メーカーです。モデル3とモデルYは、非常に限られたたった2つの製品ラインアップにもかかわらず、これまでテスラで最も注目されてきた電気自動車です。
テスラは今年、主力車であるモデルS、モデルXのリフレッシュを行ったため、在庫にないこれらの車両を納入していません。これは事実上、テスラが世界のEV市場でシェア14%、販売台数216,079台という圧倒的な強さを誇りながら、その半分の車種しか出荷していないことを意味しています。一方、上汽通用五菱汽車社は133,720台で2位につけており、シェアは9%となっています。

2021年累計電気自動車メーカー別販売台数
Credit: EV Sales Blog
この記事はこのサイトこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

4月に売れていない報道がそこかしこであったテスラですが、結局まだまだ需要は旺盛ですね。それにしても、2021年累計販売台数でトヨタ14位、日産に至っては19位というほうが心配です。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました