初飛行に成功したXpeng VTOL:空飛ぶ電気自動車

xpeng-flyingcar-00 TESLA News
Credit:Xpeng
スポンサーリンク

ルーフに巨大なドローンを括りつけた2トンの巨大な車両が、初飛行に成功しました。

商業的に利用可能な空飛ぶ車の登場は、前世紀の間にこれまで数え切れないほど誤って予言されてきましたが、近年、電気自動車の普及に伴い、近い将来にはヘリコプターのように移動するという考えが再び広まっているようです。そのような製品を提供するための専門会社が登場し、中国のXpeng社のような企業もそのためにリソースを割くことを検討しています。

Xpeng HTは、eVTOL(電動垂直離着陸機)の開発に特化した別会社を設立し、中国で行われたXpengの大規模なプレゼンテーションで、プロトタイプの初飛行のビデオを共有しました。

最後に紹介している動画の最後の部分には、Xpeng AeroHTの初飛行の様子が写っています。ガレージ(または格納庫)から走り出すところから始まり、重量を測定して2トン弱であることを明らかにし、8つの大きなローターを始動させて離陸するまでの映像です。

Credit:Xpeng

テストはスムーズに進み、車両は無事に着陸しました。同社は、車両が空中にある間に1つまたは複数のモーターが故障した場合に何が起こるかを探るため、飛行中に1つまたは複数のローターを停止させたことさえあると報告しています。

そして、この乗り物は、巨大なドローンを屋根に取りつけた普通の車に見えると思っていたら、なんとまさにその通りです。しかし、一部の民生用ドローンと同様、普通のクルマのように道路を走らせたいときには、アームがはみ出さないように折り畳むことができます。

実際に操縦するときもハンドルは使いますし、空中で操縦する体験は、ただ運転するのとあまり変わらないだろうとXpengは言っています。ドライバー兼パイロットは、ハンドル以外に、右手のレバーを使って、前後・上下の移動、旋回、ホバリングを行う必要があるそうです。

Xpeng社がまさにこの車両を生産に移すつもりなのか(テストプロトタイプのようにカモフラージュされている)、それとも単なるデータ収集のための開発プロトタイプなのかは、完全に不明です。同社は、2トンの車両を空中に浮かせるのは非常に難しく、現在のところバッテリーの1回の充電で数十マイル以上飛ぶことはできないと認めているのですが、このテスト飛行は成功し、運転も飛行も可能な世界初の電気自動車を提供できると楽観視しているということです。

空飛ぶ電気自動車の映像は以下のYoutube、1時間6分ごろから始まります。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました