米国において2022年3月の「電気自動車」検索件数が173%増

ev-map TESLA News
https://www.cars.com/
スポンサーリンク

電気自動車は、アーリーアダプターを目指す人々や政府の補助金、そして燃料価格の上昇により、世界中で人気を博しています。すでに世界の多くの地域で、電気自動車は内燃機関自動車より安く走れるようになっており、人々の電気自動車への関心は以前より明らかに高まっています。しかし、新車販売において電気自動車が自動車に匹敵する人気を獲得する転換点には、まだかなり遠いという状況です。

Cars.comは、3月に米国で電気自動車の検索件数が173%増加したことを発表し、これを数値化しました。ロシアとウクライナの紛争が始まった2月24日から3月25日までを調べ、昨年の同時期と比較した結果です。

https://www.cars.com/

ちなみに、最も高い数値を記録した州は、カリフォルニア州(検索数の16.3%)、フロリダ州(7.4%)、テキサス州(7.1%)と、すでにEV導入が最も進んでいる州で、一方、ダコタ2州、アラスカ、アイダホ、モンタナ、ワイオミングは、それぞれ0.1%にとどまっています。

Cars.comの編集長であるジェニ・ニューマン氏によりますと、歴史的なインフレ、ガソリン価格の高騰、石油の生産・供給に関する議論など、最近のマクロな事象は、消費者のEVに対する好奇心をかつてないほどの関心へと変化させています。

自動車メーカーは電気自動車の生産量を増やす必要がありますが、サプライチェーンの不足が解消されない限り、現在の市場で高まる需要に、EVの供給は追いつけません。

各自動車メーカーから2025年までに50近い新型EVが計画されており、自動車購入者はより多くのスタイルと在庫から選択できるようになると思われます。

しかし、このように購入者が増えているにもかかわらず、Cars.comのデータによると、現在EVを所有していないアメリカ人の約55%しか、次に購入するものとしてEVを考慮しないようです。その結果、52%のアメリカ人はコストが導入の主なハードルだと考えており、70%のアメリカ人は現在240Vの電力アウトレットがなく、65%のアメリカ人は近い将来にアップグレードする予定がないことがわかりました。

さらに、ジェニ・ニューマン氏は次のように説明しています。

Cars.comでは、歴史的なレベルでEVへの関心が高まっていますが、今日の消費者の勢いが明日の行動につながるとは限りません。ガソリン価格が安定すれば、消費者は変化に満足し、次の市場変動で後悔するかもしれません。

ガソリン価格が過去最高値を更新しても、コスト、入手性、インフラ、教育、意識などの要因が、普及の障害となりうるのです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

米国でも地域によって大きな差がありますね。環境負荷低減へのインセンティブの大きい東京とまったく無い大阪の違いみたいな感じかな。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました