AppleのEVカー生産は、トヨタとの協議で2024年?

Apple-Car TESLA News
iphone-mania.jp
この記事は約2分で読めます。

Appleは、Apple Car生産の基盤を築くために、アジアに目を向けていると報じられています。Appleはトヨタを訪問し、2024年までに開始される予定のApple Carの量産について話し合う予定であると台湾メディアDigiTimesにより報じられています。

Apple Carの話がここ数カ月の間に再び浮上して以来、Appleがアプローチした最初のレガシー自動車メーカーはトヨタではありません。今年の初めには、アップルが韓国の自動車メーカーであるヒュンダイと話をして、EVプロジェクトの予備的なステップを踏んでいるという報道がありました。

アップルは、EVプロジェクトにおいて伝統的な自動車メーカーとの提携に前向きなようです。しかし、AppleはApple Carの製造方法についても検討しているようです。例えば、AppleはEVの製造サービスを提供するカナダのマグナ・インターナショナルとの提携も検討していると報じられています。

DigiTimesによると、アップル社が現在、アジアの自動車メーカーやサプライヤーを訪問しているのは、すべての電気自動車の開発と最終的な生産に向けた準備の一環であるということです。この訪問の主な焦点の一つは、Apple Carのバッテリーのサプライチェーンであると噂されています。

先月、アップル社は韓国の複数の電気自動車部品メーカーと話をしていると噂されていました。カリフォルニアを拠点とする同社は、LG化学やSKイノベーションといった韓国のバッテリーメーカーと話をしたと報じられています。アップルは韓国で、石油化学技術と先端材料の専門知識を提供するハンファとも話をしました。

Apple-Car
iphone-mania.jp

ハンファは、革新的で持続可能なソリューションを顧客に提供することを約束しており、アップルのEVのサプライチェーンに関する方向性を示唆しています。アップル社は、人々がどのような電気自動車を求めているのかを、最も小さな部品に至るまで熟知しているようです。ハンファがApple Carのサプライチェーンの選択肢として検討されたということは、ハイテク企業が今日の顧客にとってのサステナビリティの重要性を知っているということです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

最近はAppleがどこと組もうがでもテスラには追いつけないような気がしてます。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました