リアルタイムの運転行動を利用するテスラ保険が米イリノイ州でスタート

tesla-cars-social TESLA News
Credit:Tesla

テスラは、米国においてカリフォルニア州、テキサス州に続く導入3番目の州としてイリノイ州で保険商品の販売を開始します。この保険では、リアルタイムの運転行動を用いてセーフティスコアを算定し、そのスコアをもとに、自動車所有者の保険料が算出される仕組みです。

テスラが米国イリノイ州でテスラブランドの保険を発売することを、@SawyerMerritt/Twitterが最初に発見しました。この保険商品は、もう一つの引受パートナーであるミッドバール保障会社と共同で発売されました。このテスラの新サービスの展開に関する最初のヒントは、2021年3月に知られるようになったものです。

【速報】イリノイ州でテスラ保険の販売が開始され、カリフォルニア州、テキサス州に次ぐ3番目の州として、リアルタイム運転行動ベースの新しい保険が導入されることになりました。

テスラのウェブサイトによると、イリノイ州の保険は、テキサス州と同じようにリアルタイムの運転行動を利用しています。

この保険は、個々のドライバーの運転を評価する「セーフティスコア」を考慮して、月々の保険料が計算されることになります。つまり、セーフティスコアが高ければ高いほど、月々の保険料が安くなる仕組みです。

実際に月々の保険料に直接影響するため、より多くのドライバーができるだけ慎重に運転するようにななると考えられます。テスラは、セーフティスコアに応じて、各オーナーの月々の支払い額を常に調整します。平均的なドライバーであれば20%から40%、最も安全なドライバーであれば30%から60%の節約になるようです。

このテスラ保険は、車両に追加のデバイスを必要としません。同社は、車両内の特定の機能を使用して、各特定の車両の保険料を評価します。同社は、日次のセーフティスコアは走行距離や走行時間に影響されないと説明しています。毎月、テスラは日々のセーフティスコアを30日間の走行距離加重平均に統合し、各顧客の保険料の更新に使用するセーフティスコアを算出するとしています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

このリアルタイムの保険を実現するために、追加のハードやデバイスを必要としないというところが凄いところですね。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました