テスラのイーロン・マスク氏がGIGAベルリンを訪問!

tesla-elon-musk-foundation-moves-to-texas-e1610039602601 TESLA News
CREDIT: ELON.AI
この記事は約4分で読めます。

テスラのCEOであるイーロン・マスクは、テスラが今年後半に設立を予定している欧州の生産施設「GIGA・ベルリン」を「技術的」に視察するため、ドイツに上陸しました。現地メディアのインタビューに応じたマスク氏は、2021年末までに生産を開始したいと述べました。

ブランデンブルク州の経済・労働・エネルギー大臣であるイェルク・シュタインバッハ氏によると、先週、テスラから直接、マスク氏が5月14日にドイツを訪問するとの連絡を受けたとのことです。会談は行われませんでしたが、マスク氏は昨日5月16日にドイツに到着しました。マスク氏はロンドンからベルリン・ブランデンブルク空港に向けて出発し、76分のフライトでドイツに到着しました。

シュタインバッハ氏によると、今回の訪問の目的は「主に技術的なもの」であり、マスク氏は自分やブランデンブルク州の大臣・大統領であるディートマー・ヴォイドケ氏とのミーティングを予定していないということでした。

月曜日にGIGAベルリンを訪れたマスク氏は、2021年末までに生産が可能になることを期待していることを示しました。

今年の年末には生産を開始できそうです。」とマスク氏は語りました。

すべての部品が揃って初めて車を作ることができます。」

マスク氏は過去に2度ドイツを訪れており、1度目は2020年9月、2度目は11月に、GIGAベルリンで働くことを希望するエンジニアの応募者を自ら面接しました。この工場は、シュタインバッハやヴォイドケなど、地元の政治家から格別の支持を受けています。シュタインバッハは最近、2022年初頭までの生産遅延の噂が正確ではないことをTeslaratiに確認し、テスラが早ければ夏の終わり頃にドイツで車両の生産を開始すると予想しています。

テスラが申請したGIGAベルリンの承認プロセスは、現在も進行中です。現地の情報によると、テスラが最終的な全ての承認を得るには3〜5年かかると言われていますが、それでもテスラがこの施設で自動車を生産することは予定通りです。
最終的には、政治家がプロジェクトを承認するために慎重なプロセスを踏むことで、政府はその地域で大規模な産業プロジェクトを許可することの影響をすべて検討する時間を十分に得ることができます。そのため、数年かけて承認されたとしても、却下される可能性は極めて低いといえます。

マスク氏は、今日のGIGAベルリンの敷地でのインタビューで、このプロセスについてコメントしています。

「お役所仕事は少ない方がいいと思います。時間とともにどんどんルールが追加され、最後には何もできなくなってしまいます」とマスク氏は答えています。

テスラは最近、GIGAベルリンでバッテリーセル工場の計画を申請に追加し、安価でより効果的な新しい4680バッテリーセルの生産を目指しています
ただ、この新しいバッテリーに関してテスラはこのGIGAベルリンには間に合わせず、代わりに北カリフォルニアにあるカトーロードのセル製造工場に頼る予定です。

テスラは、2021年第1四半期のEarnings Call Update Letterの中で、GIGAベルリンが年内に限定生産を開始することを期待していると述べています。同工場での量産開始は2022年を予定しているとのことです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

この感じだと、2022年からの生産開始となりそうですね。それにしても、いわば東京にテスラの巨大工場を建設しているというのと同じなので、日本でなぜ同じことが出来なかったのか‥‥‥と思わずにいられません。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました