テスラGIGAテキサスの「ボブキャットプロジェクト」とは?

Q1-2021-slides-Tesla-Giga-Texas-Model-Y-progress-2 TESLA News
この記事は約6分で読めます。

テスラは最近、同社が現在建設を進めているGIGAテキサスの施設の東側に、別の土地を購入しました。テキサス州オースティン市の公共データベースの文書によると、この土地を購入したようですが、同社の計画はどうなっているのでしょうか?これまでに判明していることは以下の通りです。

テキサス州オースティン公共データベースの文書によると、テスラは150.21エーカー(注:60.8ha)の広さの土地を購入しました。この土地を購入したのは、テスラのテキサス州の子会社であるコロラド・リバー・プロジェクトで、最終的にGIGAテキサスの施設として知られるようになった土地も同じ名前で購入しています。
テキサス州の関係者がTeslaratiに語ったところによると、この土地はGIGAテキサスのメインの土地の東側に位置しており、テスラのメインの車両生産工場にほぼ直結しているとのことです。

提出された書類によると、テスラ社は配置図と環境アセスを提出していますが、他にもいくつかの書類が提出待ちとなっています。

現在のところ、この施設が何に使われるのかについては不明で、テスラからの情報もありません。しかし、何が起こっているのかについては、さまざまな憶測が飛び交っています。

テスラのコミュニティでは、バッテリーセルの生産施設ではないかという噂が流れています。テスラが4680セルの自社生産を目指していることを考えれば、納得がいきます。
現在、北カリフォルニアにあるテスラのカトーロード工場で生産されている4680セルは、昨年9月に開催されたテスラのイベント「Battery Day」で発表されました。
興味深いことに、テスラでは過去にも猫のコードネームを使ったバッテリープロジェクトがあり、ネバダ州スパークスにあるギガファクトリーネバダ工場では「プロジェクト・タイガー」が使われていました。テスラのギガファクトリーと呼ばれるこの施設は、バッテリーパックとともにモデル3用の電気モーターを生産しています。また、テスラのエネルギー製品であるPowerwallとPowerpackもこの施設で生産されています。

テスラが計画の名称に「猫」を使うというアイデアは、最終的には電気自動車に使用されるリチウムイオン電池セルの一般的な略称であるLi-ionに由来する可能性があります。
Li-ion(ライオン)は、テスラがネバダ州スパークスのギガファクトリーで最終的に達成したプロジェクト・タイガーにインスピレーションを与えたのかもしれません。一貫性があるとすれば、Bobcatプロジェクトは、同じ用途を示唆しているのかもしれません。

テラファクトリー・テキサスは、5月5日、YouTubeにボブキャットプロジェクトの進捗状況を公開しました。

https://youtu.be/pH15wXJGUXk
この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースを随時アップしていますのでこちらを参照ください。

テスラモデル3が300万以下?補助金の詳細はこちら!

補助金の申請方法、必要書類はこちら!

オンラインでの購入方法はこちら!

実際にかかる費用の詳細はこちらも参照ください!

加えて、充電方法も解説!

実際の納車の様子はこちら!

また、納車からのファーストインプレッションを上げましたので、こちらも参考にしてください!

最新のGIGA上海製モデル3のどのあたりがアップデートされているかの詳細レポートはこちら!

大変便利なテスラアプリの詳細解説はこちら!

アクセサリーのレビューはこちら!

テスラモデル3で評判の悪いETCの移設方法、DIYの詳細解説はこちら!

タイトルとURLをコピーしました