テスラは2022年第4四半期だけで50万台以上のEVを納車する

tesla-shanghai-export-01 TESLA News
https://youtu.be/rJjkttFISw0
スポンサーリンク

2021年、テスラは通年で100万台弱のEVを納車しました。

テスラは、今年、生産台数と納車台数を前年比50%増とすることを目指しており、2022年にはその通りになるとの見方もあります。世界中の自動車メーカーにとって、今年は決して楽な年ではありませんでした。テスラも比較的不安定な四半期を過ごしましたが、現在と未来にはたくさんのポジティブな要素があるようです。実際、グローバル・エクイティーズ・リサーチのアナリスト、トリップ・チャウドリー氏によれば、テスラは2022年第4四半期になんと50万台以上のEVを供給する勢いだということです。

以前にもお伝えしたように、チャウドリー氏はテスラの工場を訪れ、生産と納品を追跡しています。チャウドリー氏は、工場の生産性を前回と比較しながら把握し、生産活動の成功を妨げている問題や懸念、ボトルネックなどをレポートするために、この訪問を利用しているのです。

チャウドリー氏は最近、カリフォルニア州フリーモントにあるテスラの本社工場を訪問し、来期50万台以上という納車予想を確信するような詳細を得ました。現時点では、テスラが2022年第3四半期に何台の電気自動車を納入するのか見当もつかないため、2022年第4四半期の納入台数を推定することは難しい作業です。特にテスラは、他の自動車メーカーのような詳細な生産・納車レポートを提供していないため、なおさらです。

gigatexas-modely-quality-controll
ギガファクトリーテキサス

また、テスラの工場を訪れて同様の推定を行っているアナリストはチャウドリー氏だけではありません。カナコード・ジェニュイティのジョージ・ジアナリカス氏も訪問し、多くの同様の結論を出しています。

チャウドリー氏は、従業員の労働努力、長時間労働、連休中の作業、テスラの生産時間枠を全体として指摘し、前四半期だけよりも少なくとも10%効率的になっていると述べました。また、テスラがモデルS Plaidの生産と納入を強化していることも報告しました。

このアナリストはさらに、イーロン・マスクCEOが、またしても工場で寝ている時があることを明かしました。今回、マスク氏はテキサス州オースティンにあるテスラの新しいギガファクトリー・テキサスと本社で3泊ほどしたそうです。最後にチャウドリー氏は、ギガ・テキサスを訪れていた9月1日、モデルYクロスオーバーを積んだ自動車運搬船が工場から出発していたことを指摘しました。以下は、チャウドリー氏の最新の2022年第4四半期の納期予測です。

  • フリーモント工場:14万5,000台
  • ギガ上海工場:246,000台
  • ギガ・ベルリン工場:60,000台
  • ギガ・テキサス工場:60,000台
  • 合計:511,000台

振り返ると、テスラは2022年第1四半期に約31万台、第2四半期に約25万5千台のEVを納車しています。テスラが2022年に納車することを目標としている約150万台のうちの約56万5千台ということとなり、まだ約93万5千台が納車されていないことになります。テスラが2022年第4四半期に納車する車は511,000台と推定されることから、テスラは2022年第3四半期に約424,000台のEVを納車しなければならないことになるのです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました