テスラモデル3、欧州環境性能テスト・グリーンNCAPで首位に

tesla-model-3-green-ncap-2022 TESLA News
https://www.greenncap.com/
スポンサーリンク

欧州の自動車評価機関グリーンNCAPが実施したテストにおいて、テスラモデル3は10点満点中9.6のスコアを獲得し、効率性においてトップになりました。

グリーンNCAPの研究者が指摘したように、電気自動車はすでに利用者に、運転中のエネルギー効率を高め、一般的に二酸化炭素排出量を減らすのに役立つ素晴らしい方法を提供しています。しかし、同団体の最新の比較では、テスラは、その効率性と持続可能性の評価において、他の人気のある電気自動車よりも高く評価されています。

テスラ モデル3、ルノー メガーヌ E-Tech、NIO eT7の3車種を比較した結果、グリーンNCAPはテスラモデル3を最も高く評価しました。この3車種について、グリーンNCAPは、高速道路走行効率テスト、寒冷地走行テスト、暑熱地走行テストなど、いくつかのテストを用いて総合的な効率を数値化し、これらのテストから得られた指標とともに、「エネルギー効率指標」を10点満点で採点しています。

https://www.greenncap.com/

テスラ モデル3のエネルギー効率は10点満点中9.6と最も高く、ルノー メガーヌE-TechとNIO eT7は9.4/10という結果になりました。テスラの成功は、主に、優れたエアロダイナミクスと前面投影面積の小ささに起因すると研究者は考えています。しかし、寒冷地でのテストではすべての車両が苦戦し、テスラとNIOの場合は72%、ルノーの場合は78%もエネルギー使用量が劇的に増加しました。

この結果から、グリーンNCAPは、暖房と冷房の両方について、エアコンの効率を改善する必要性を強調しました。しかし、研究者は、より多くの消費者がゼロエミッションの交通手段を利用できるように、メーカーがより低価格の車両オプションを追求することも提唱しています。

電気自動車技術は内燃機関自動車と比較して飛躍的に効率が向上していますが、グリーンNCAPのテストでは、改善はまだまだ可能であり、その変化は消費者の所有体験に具体的な効果をもたらすことが示されています。より多くのメーカーが電気自動車を追求する中で、この効率の飛躍的向上がより多くの人々や環境に貢献するだけでなく、メーカーが持続的に成長する動機付けとなるでしょう。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました