テスラモデル3、英国サイトで2023年エグゼクティブ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

tesla-model-3-award-uk TESLA News
https://www.whatcar.com/
スポンサーリンク

テスラモデル3が、英国What Car?の2023年エグゼクティブ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。経済性とスタイルを完璧に融合させたことが勝因となったようです。

テスラモデル3が、What Car?の2023年エグゼクティブ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、BMW3シリーズから賞を奪取しました。購入者は、楽な長距離移動能力、快適で上品なインテリア、そして少ない税率を求めている、とこの雑誌は書いています。

モデル3でテスラは、英国の法人利用に向けても具体的なメリットを享受しました。BMW 3シリーズでは、所有者は最低でも12%の現物給付税(BiK:Benefit in Kind)を支払う必要があるのですが、モデル3の購入者は2%しか支払わなくてよいことになっています。テスラは、多くの企業が従業員の電気自動車への切り替えを奨励し、企業全体の環境負荷を向上させていることになるのです。

tesla-model-3-lr-white
テスラモデル3

重要なのは、エントリーモデルのテスラモデル3でさえ、電気モーターの瞬時の反応により、平均的な自動車や一部の強力な自動車を素早く追い抜くのに十分すぎるほどのパワーを持っているということです。ワインディングロードでもそのペースを維持することができ、そのクイックなステアリングは、普通の4ドアセダンよりもスポーティな車に乗っていることを常に意識させてくれます。

モデル3にはもうひとつ利点があります。フロント部分にかさばるエンジンがない代わりに、フロントトランク(フランク)があり、収納が充実しているのです。車体後部にもかさばる機械装置がないため、後部座席は非常に広々としており、トランクのスペースに加えて、高くなった床の下にもうひとつ収納スペースが隠されています。スーツケース10個を収納できるのは、セダンではほとんど例がなく、シュコダ・スーパーブだけが可能なことです。

テスラモデル3の購入者は、スーパーチャージャーネットワークと呼ばれる専用の充電ステーションを利用することができます。車の衛星ナビゲーションは、計画されたルートに沿って自動的に経路を計画することができるので、自分で考えることなく、常に時間通りに充電することができるのです。What Car?による夏と冬のテストでは、テスラが最も効率の良い電気自動車であることが示され、2022年モデル3の後輪駆動モデルのバッテリー容量の増加により、公式航続距離が伸びています。

テスラモデル3の機能のほとんどは、中央の巨大なスクリーンで操作します。さらに、前後シートヒーター、ステアリングヒーター、アダプティブクルーズコントロール、サラウンドビューカメラ、Netflixなどのアプリが使える15インチインフォテイメントスクリーンなど、プレミアムな機能をふんだんに搭載しています。このように、モデル3の購入は税金の安さにつながる一方で、オーナーの生活の質の高さにもつながっているのです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました