まもなく発表?テスラの新しいギガファクトリー

tesla-giga-texas-exterior-q4-2021-ec TESLA News
スポンサーリンク

最近の報道では、テスラの新しいギガファクトリーがインドネシアだったり、メキシコに設置される可能性があることが示されています。テスラは(本来であれば2022年中といっていましたが)まもなく、新しい工場ギガ・ファクトリーの場所を発表するとみられています。

インドネシアやメキシコ以外にも、テスラが新しいギガファクトリーの場所として検討している場所はいくつかあり、最近の報道ではインドネシアの線が有力のようですが、新ギガファクトリーの場所として、他の候補地の可能性もありますのでここで振り返っておきましょう。

北中米エリア

テスラの北中米における新しいギガファクトリーの候補地としては、カナダとメキシコが最有力です。どちらの国で製造された車も、米国の新しいEV補助金の恩恵を受けることができるからです。

この2つのうち、テスラはギガファクトリー・メキシコにより傾いているようです。ただし、テスラはカナダとの部品調達の提携も検討しているようです。

メキシコ

この問題に近い情報筋がブルームバーグニュースに語ったところによると、テスラはまもなくメキシコの新しいギガファクトリーを発表する予定だそうです。この計画は、モンテレイ市サンタカタリーナに設置されると伝えられています。テスラはギガファクトリー・メキシコに関して、まだいくつかの詳細を固めなければならない状況のようです。

Elon-Musk-visits-Monterrey-Nuevo-León-Mexico-chats-with-officials
CREDIT: PHOTO CREDIT: EL NORTE

同社はここ数週間、ヌエボ・レオン州政府およびメキシコの予見関係省と話し合いを続けており、すでに、ヌエボ・レオン州政府と良好なビジネス関係を築いているとのことです。

テスラは既に、ヌエボ・レオン州境からテキサス州への部品の専用通関レーンを持っています。メキシコで生産するもう一つの利点は、テスラ車が米国でのインフレ抑制法(IRA)によるEV補助金(7500ドル)の対象であることです。

カナダ

イーロン・マスク氏は、今年初めに開催されたギガ・テキサスのイベント「サイバー・ロデオ」で、カナダにギガファクトリーを建設する可能性を示唆しました。テスラはここ数カ月、ロビー活動やカナダ政府関係者との話し合いを通じて、カナダで積極的に活動しています。

9月には、カナダのフランソワ=フィリップ・シャンパーニュ産業大臣が、テスラがカナダに工場を建設する可能性について議論したことはあると述べました。今年初め、シャンパーニュ氏は、カナダが自動車産業の新たな「サプライヤー候補」になることを望んでいると強調しました。

カナダには、テスラが電気自動車やEVバッテリーを製造するために必要な鉱物や資源があります。例えば、8月にはフォルクスワーゲンとメルセデス・ベンツが、カナダとEVバッテリーの材料に関する個別の協定に調印しました。

テスラはすでにカナダに施設を持ち、世界中のギガファクトリーで使用する機械の一部を製造しています。カナダにギガファクトリーがあれば、インフレ抑制法のEV補助金も受けられるのもメリットです。

アジアに進出?

ギガファクトリー上海は、テスラのアジアにおける主要な本社となる可能性が高位状況です。しかし、EVメーカーがアジア全域でその存在を拡大するにつれ、より多くのアジア諸国と提携する必要が出てくるでしょうし、中国には根源的な地政学的課題があります。インドネシアと韓国は、テスラのサプライチェーンと東アジアでの存在感を高めることができる2つの実現可能なパートナーとなっています。

インドネシア

イーロン・マスク氏はこの1年、インドネシアのジョコ「ジョコウィ」・ウィドド大統領と複数回会談しています。ジョコウィ氏はマスク氏との関係を築き、インドネシアとテスラのパートナーシップを形成するために尽力しています。

telsa-nickel-gigafactory-Indonesia-elon-musk-

昨年8月、テスラはインドネシアと50億ドル相当のニッケル契約を結んだと報じられました。インドネシアは主要なニッケル埋蔵量を持ち、テスラのような世界の自動車メーカーを惹きつけています。しかし、ジョコウィ大統領はバッテリーだけではなく、国内で電気自動車の完成品を製造したいとの考えを強調していました。

「私たちが欲しいのは電気自動車であって、バッテリーではありません。テスラには、インドネシアで電気自動車をつくってもらいたい。電気自動車の巨大なエコシステムが欲しいのです」

韓国

先月、韓国のユン・ソクヨル大統領がイーロン・マスク氏と話したと報じられました。ユン大統領の事務所の関係者によると、韓国はテスラのアジアにおける次の工場の最有力候補だったそうです。

イーロン・マスク氏とユン大統領は、テスラがサプライチェーンの面で韓国との協力関係を強化することについて話し合い、また、韓国大統領はテスラやスペースXからの投資を促進するために特別なインセンティブを提供しました。

「テスラやスペースXなどがギガファクトリーの建設など、(韓国への)さらなる投資を検討しているのであれば、政府はその投資を全力で支援します」

テスラはまもなくギガファクトリーの場所を発表する予定です。インドネシアやメキシコがその場所として有力な状況です。しかし、テスラの他の国での活動を考えると、カナダ、韓国も全く候補から外れることはないかもしれません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました